組織内で管理上の責任を共有することをお勧めします。 小規模の組織でも、可用性を確保するために、フル管理者の役割を担っているユーザーが複数いる必要があります。

フル管理者は、さまざまな管理ロールを組織のユーザーに割り当てることができます。 つまり、組織を管理するための責任を合理化し、説明責任を共有できます。

例えば、コンプライアンス担当者には、法的/コンプライアンス上の目的で必要に応じて、ユーザーが生成したコンテンツにアクセスする権限があります。 これは、ミーティングのアナリティクスおよびトラブルシューティング情報を見できる、サポート管理者とは別の人である可能性があります。

この記事では、管理者ロールを管理する方法を説明し、各ロールに関連する権限をリストします。

顧客の複数の Webex 組織を管理している場合、パートナー ハブの 記事の管理者ロールを参照 してください。

1

にサインインし、[https://admin.webex.comユーザー] に移動して、ユーザーを選択します。

(パートナーである場合は、ロール を割り当てる顧客組織を開き、その組織のユーザー ページ。)
2

ユーザーの [プロファイル] タブで 管理者ロールを 見つけて下さい

ユーザーの管理ロール (または「なし」) のカンマ区切りのリストがあります。
3

リストをクリックして、役割割り当てコントロールを開きます。

ユーザーの管理者ロールを割り当てる Control Hub ウィジェット
4

ユーザーの役割を選択します。

ミーティングサイト管理者の役割の場合、Webex サイト管理者の役割の隣の [編集] をクリックします。 次に、ユーザーに管理する各 Webex サイトのロールを選択します。


 

既存のサービス の役割を持つユーザーの組織のロールを変更する場合、既存のサービス の役割に影響を与える可能性があります。 組織の役割を変更する場合、ユーザーのサービスの役割を見直します。

5

[保存] をクリックします。

特定の役割または役割を持つ人を確認する場合:

1

にサインインし https://admin.webex.com、[ユーザー] ページを きます。

2

フィルター コントロール 使用して、見つけるロールを選択します。

この操作によりユーザーリストが更新され、選択された役割を持つユーザーだけが表示されます。

組織の管理者の完全またはフィルタリングしたリストを CSV ファイルとしてエクスポートして、一括管理することができます。 CSV ファイルのエクスポート データを次の表に示します。

列名

説明

名/姓

エクスポートされた管理者<space>の名前 (First Last)。

ユーザー ID/メール

エクスポートされたユーザーの一意の ID (メール アドレス)。

管理者ロール

エクスポートされたユーザーによって保持される管理ロールのカンマ区切りのリスト。

1

にサインインし https://admin.webex.com、[ユーザー] ページを きます。

2

表示するロールによってユーザー リストをフィルタリングします。

3

右上部 [ エクスポート] ボタンをクリックします。

CSV ファイルは準備ができたら自動的にダウンロードされます。

 

フィルター済みリストをエクスポートする場合、フィルターを変更する前に CSV ファイルがダウンロードされるまで待ちます。 そうでない場合は、現在の CSV ファイルのダウンロードで、アップデートされたフィルタリングされたリストを取得します。

保有するControl Hub. 完全な管理者権限があれば、1 つまたは複数のロールを組織のユーザーに割り当てられます。

アカウントが最初にセットアップされると、パートナー組織の管理者が組織のフル権限をもつ管理者になり、追加の管理者を設定することができます。

組織に追加するユーザーには、最初は管理権限はありません。 次に、割り当て可能な責任のリストを示します。


 

この表は組織全体の管理ロールのみを列挙しています。 Webex サイト管理者や Webex Contact Center 管理者など、サービス固有の管理者の役割に関する詳細については、以下のセクションをお読みください。

アクセス

フル管理者

読み取り専用管理者

サポート管理者

ユーザーとデバイス管理者

デバイス管理者

コンプライアンス担当責任者

高度なトラブルシューティング

ユーザーの追加/削除とライセンスの割り当て

Read-Only

ロールをユーザーに割り当てる

Read-Only

デバイス管理

Read-Only

会社ポリシーとテンプレート

Read-Only

分析とレポート

Read-Only

トラブルシューティング

Read-Only

ライセンスとアップグレード

Read-Only

組織の設定

Read-Only

アプリのインテグレーション

Read-Only

Webex サイト管理

Read-Only

管理者アクション監査ログ

ユーザーが生成したコンテンツにアクセスする

法的保留

進行中のミーティングへのアクセス

ライブミーティングへのアクセス

製品メール通知

この役割によって、フル管理者、読み取り専用管理者、およびサポート管理者は、トラブルシューティング タブの [ライブ ミーティング] ページにアクセスし、フル管理者はボタンをクリックすることで、進行中のミーティングに参加できます。 ミーティング中に参加者に問題を発生した場合、このロールを持つ管理者は、参加するミーティングをすばやく見つけ、問題の解決を支援します。

[ライブ ミーティング] ページと [管理者の参加] 機能の詳細については、「Control Hub での高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。


 

フル管理者は高度なトラブルシューティング アクセス ロールを、組織内の別のフル管理者、読み取り専用管理者、またはサポート管理者に割り当てすることができます。 フル管理者は、高度なトラブルシューティング アクセス ロールを自分自身に割り当てることはできません。 別のフル管理者は、ロールを割り当てる必要があります。


 

Webex サイト管理者ロールは Control Hub で管理されるミーティング サイトのユーザーにのみ割り当てることができます。 これらのロールを Control Hub で割り当てて、サイトの管理で管理されるミーティング サイトを管理することはできません。

Webex サイト管理者は、Control Hub で割り当てられた Webex サイトのユーザーと設定にのみアクセスできます。 ユーザーを 1 つ以上の Webex サイトの管理者として割り当てすることができます。 組織には管理する多くの Webex サイトがある場合、ユーザーを Webex サイト、Webex ユーザー、または Webex 読み取り専用管理者として割り当て、所有権を定義し、各 Webex サイトの管理責任を分割します。

Webex サイト管理者および Webex ユーザー管理者は、割り当てられた顧客組織のユーザーの Webex Meetings 関連の設定のみを管理できます。


 

Webex サイト管理者は、割り当てられた Webex サイトに対する Webex Meetings ライセンスを使用しませんが、主催者権限は持っていません。 Webex サイト管理者に主催者権限を与える場合は、そのユーザーに主催者ライセンスを割り当てる必要があります。

アクセス

Webex サイト管理

Webex ユーザー管理

Webex 読み取り専用管理

ユーザー管理

(ユーザー設定)

(ユーザー設定)

Read-Only

分析とレポート

Read-Only

Read-Only

Read-Only

ライセンス*

Read-Only

ロールの割り当て*

読み込み専用

Read-Only

サイト設定*

Read-Only

Read-Only


 

*割り当てられた Webex サイトのみ。

Webex Contact Center は、ユーザーによるコンタクト センターのサービスとライセンスの管理を可能にする、専用のコンタクト センター サービス管理者ロールを提供します。 このロールは、外部管理者および顧客組織内のユーザーに割り当てることができます。 コンタクトセンター管理者ロールに関する詳細は、この記事を参照してください。

以下の表は、すべての Control Hub 管理者ロールが持つ、コンタクト センター固有の権限を表しています。

顧客組織

外部組織

パートナー組織

その他の組織

フル管理者

  • コンタクト センターのすべての機能を管理できる。

  • コンタクト センターのすべてのユーザー管理業務を実行できる。例:

    • 顧客組織のユーザーを追加または削除する。

    • ユーザーに対しコンタクト センター ライセンスを割り当て、編集、または削除する。

    • 外部管理者に対しコンタクト センター サービス管理者ロールを追加または取り消す。

次の例外を除き、顧客組織のフル管理者と同様のすべての管理業務を行える。

  • 管理者は、他の外部管理者に対しコンタクト センター サービス管理者ロールの追加または取り消しは行えない。

コンタクト センター サービス管理者

NA

次の例外を除き、顧客組織のフル管理者と同様のすべての管理業務を行える。

  • 管理者は、他の外部管理者に対しコンタクト センター サービス管理者ロールの追加または取り消しは行えない。

プロビジョニング管理者

NA

  • パートナーのフル管理者が実行できるすべてのコンタクト センター管理業務を実行できる。

  • ユーザー管理業務は実行できない。また、組織内の他の外部管理者のリストのみを表示できる。

NA

読み取り専用管理者

Webex Contact Center 管理インターフェイス (Control Hub と管理ポータル) にはアクセスできない。

読み取り専用モードでのみ、Webex Contact Center 管理インターフェイス (Control Hub と管理ポータル) にアクセスできる。

管理者Webex Eventsは、このユーザー (以前Webex Events) にアクセス権を持ち、他のユーザーにアクセス権を付与できます。

このロールを持つユーザーが Control Hub にサインインすると、次の操作を行います。

  • [サービスとイベントの> ] ページを参照してください。
  • そのページで、[ポータルの起動 ] Webex Eventsをクリックして 、Socio を開きます。

    (この特定の役割を持つ管理者には無効なボタンが表示されます)

外部管理者として、組織外のユーザーを追加することができます。 パートナー組織の管理者は、組織の外部管理者とも見なされます。 外部管理者権限を管理し、外部フル管理者、外部読み取り専用管理者、プロビジョニング管理者として定義することもできます。 パートナーがWebexをプロビジョニングすると、プロビジョニング管理者が追加されます。


 

組織のコントロールハブにアクセスできる組織外のユーザーは、[外部管理者] タブの [ユーザー] セクションに表示されます。

組織にアクセスするサポート スタッフには、通常、読み取り専用管理者の役割が与えられます。 読み取り専用の管理者アクセスは、しばらくすると自動的に無効になります。 誰にでも管理アクセスを許可または拒否することができます。

「ブレイク glass」シナリオに外部管理者を割り当てる

外部管理者を、SSO が SSO に対して適切に動作しない場合など、緊急時サインインの問題に備え、組織にアクセスする方法として割り当てできます。

パートナー外部管理者を顧客として削除する

スケジュール権限は、組織からいつでも削除できます。 ただし、組織とサービスを購入したパートナーとの間でアクティブな販売関係がある限り、そのパートナーはプロビジョニング管理者の役割を割り当てると、組織へのアクセスを回復できます。つまり、パートナーは常に組織にアクセスできます。 パートナーは、フル管理者としてのアクセスを割り当てることができません。 購入したパートナーに対して、組織へのアクセスを許可したくない場合は、パートナーに連絡する必要があります。

アクセス

外部フル管理者

読み取り専用管理者

プロビジョニング管理者

ユーザー管理

Read-Only

X

デバイス管理

Read-Only

X

会社ポリシーとテンプレート

Read-Only

X

トラブルシューティング

Read-Only

X

サポートの基準と通知

Read-Only

X

ライセンスとアップグレード

Read-Only

パートナーが販売したサービスの場合。

ロールの割り当て

Read-Only

X

注文のプロビジョニング

X

パートナーが販売したサービスの場合。

サイトの追加と削除

パートナーが販売したサブスクリプションに属するサイトの場合。

X

パートナーが販売したサービスの場合。

外部管理者の追加

X

X

X


 

外部管理者は組織に外部管理者を追加できません。

外部管理者をフル権限をもつか、プロビジョニング管理者として割り当てることで、組織内での責任を明確に定義できます。 管理責任を分割することにより、組織内のアカウンタビリティを高めることができます。

外部管理者として組織外のユーザーを追加して、Webexサービスとユーザー。 外部管理者は組織に外部管理者を追加できません。


 

無料のセルフ サインアップ組織のユーザーを外部管理者として追加できます。 ただし、消費者組織の一部であるユーザーを外部管理者として追加することはできません。 消費者組織のユーザーのメールを確認しようとすると、Control Hub でエラーが表示されます。

1

https://admin.webex.com の Control Hub にサインインして [ユーザー] ページを開きます。

2

[すべての外部管理者] からユーザー リストを絞り込み、外部管理者のリストを表示します。

3

[外部管理者を追加] をクリックします。

4

管理者のメール アドレスを入力し、[メールの確認] をクリックします。

5

このユーザーがサブスクリプションを管理するパートナー組織に属している場合 、[フル管理者権限] または [管理者権限のプロビジョニング] を選択します。 それ以外の組織の場合は、以下を選択します。

  • フル管理者
  • 読み取り専用管理者
  • コンタクト センター サービス管理者 (該当する場合)
  • Webex サイト管理者 (該当する場合)。 その後、各 Webex サイトに対してフル管理者、読み取り専用管理者、またはユーザー管理者としてユーザーを割り当てるように選択できます。
6

[OK] をクリックします。

外部管理者から共有または保留される情報を選択することができます。

組織のフル管理者として、外部管理者の管理者権限を調整することもできます。

1

https://admin.webex.com の Control Hub にサインインして [ユーザー] ページを開きます。

2

[すべての外部管理者] からユーザー リストを絞り込み、外部管理者のリストを表示します。

3

編集するユーザーを選択します。

4

次のいずれかを選択します。

  • 管理者をフル管理者に昇格させるには、[管理者の役割][フル管理者権限] をチェックします。

    管理者が読み取り専用の権限を持つように設定されている場合、管理者の役割の下に移動して、[フル管理者権限] を選択して昇格することができます。

  • 管理者をフル管理者に降格させるには、[管理者の役割][フル管理者権限] のチェックを外します。

    管理者が読み取り専用の権限を持つように設定されていて、以前フル管理者に昇格されていた場合、[管理者のロール] の下に移動して、[読み取り専用管理者権限] を選択して降格することができます。

  • 管理者権限を完全に取り消すには、[管理権限の取り消し][管理権限の取り消し] をクリックし、次に [権限を取り消す] を選択します。


     

    管理者権限を取り消しても管理者のすべてのレコードが削除され、再び追加してから再開する必要があります。