パーソナル会議室のミーティングはデフォルトでロックされています。 パーソナル会議室をロックすると、許可するまでは出席者が参加できなくなります。 ミーティングのロックまたはロック解除は、セッションの進行中にいつでも行えます。 バックツーバックミーティングがある場合、またはパーソナル会議室のプライバシーが必要な場合は、会議室をロックしてください。

ミーティングのロック時:

  • ロック解除されるまで、ミーティングには誰も入ることができません。

  • ロビーで待つすべての出席者のリストが表示されます。 このリストには、ログインした人とログインしていない人が示されます。 どの出席者をミーティングに招き入れるかを指定することができます。 ロビーで待機しているミーティング参加者の詳細については、「Webex ミーティングへの参加を許可する」を参照してください。

  • 主催者を含むミーティングにすでに参加している人は誰も、ミーティングの音声に接続するためにコールインすることはできません。 ただし、音声のためにコンピューターを使用するか、またはミーティングに電話をかけさせることができます。


 

Webex ビデオ プラットフォームのバージョン 1.0 のユーザーの場合: ミーティングが開始された 0 分後に自動的にロックする設定にしている場合、次のサイトからミーティングを開始することをお勧めします。Webex Meetings参加者の入り込み可能なアプリを作成します。 ビデオ デバイスを使用して参加者を許可することができなくなります。 使用しているバージョンを確認するには、「お使いの Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

41.12 以前

ミーティングをロックまたはロック解除する

ミーティング中に、ミーティング コントロールの [その他のオプション]他のオプション に進み、[ミーティングのロック] の隣にあるスライダをクリックして、ミーティングをロックまたはロック解除します。

組織内で認証された参加者は、ロビーで待機することなく、ロック解除されたミーティングにいつでも参加できます。

認証されていない参加者に対する設定は、サイトのセキュリティ要件に従って選択します。 ロック解除されたミーティングにゲストを直接参加させることができます。 ミーティングをロックすると、許可するまでゲストをロビーで待機させたり、まったく参加させないようにしたりできます。

独自の設定は、サイトからミーティングをスケジュールする時に、または会議室のパーソナル会議室の基本設定から行います。

ミーティングのスケジュールを自動的にロックする

ミーティングのスケジュール時に、ロックされたミーティングのオプションを設定できます。 ミーティングに参加するためのゲストの動作を選択します。また、開始後、自動的にミーティングをロックするかどうかを選択します。 0、5、10、15、または 20 分を設定することができます。 デフォルトでは、10 分後にミーティングをロックします。 詳細については、「ウェブおよび Webex ウェビナー用のアドバンストWebex Meetingsを参照してください

パーソナル会議室の自動的なロック

パーソナル会議室の基本設定で、ミーティング開始後に会議室を自動的にロックするためのオプションを設定できます。 0、5、10、15、または 20 分を設定することができます。 デフォルトでは、10 分後にパーソナル会議室をロックします。


 

対象:Webexバージョン 42.1 以降の場合、パーソナルルームは 0 分でロックされます。 それ以前のバージョンでは、主催者が自分で設定する必要があります。

1

[基本設定] > [マイパーソナル会議室] の順に移動します。

2

[自動ロック] の隣のボックスをオンにして、パーソナル会議室のロックを解除するまでの時間を指定します。