自動アップグレード

新しいリリースが自動的にインストールされるように、自動アップグレードを有効にすることをお薦めします。

Directory Connector をダウンロードする

Directory Connector を新規インストールする場合:

  1. このリンクからインストール用の zip ファイルをダウンロード してください。

  2. 展開ガイドにある「Cisco Directory Connector のインストール」の手順に従って ください (手順3から)。

3.8.1001

2022 年 10 月 31 日

以下の改善が行われました。

  • Directory Connector は現在、Duo SSOログイン ページなど、ウェブ ベースの機能をサポートするデフォルト ブラウザーとして、 Microsoft Edge を使用しています。
  • ランタイムライブラリとしてMicrosoft .NET Framework 4.5 を使用するために、Directory Connector クライアントをアップグレードしました。

3.7.5000

2022 年 8 月 5 日金曜日

次の機能が使用できます。

  • ユーザー属性マッピングを削除
  • プロファイル写真を管理する

3.7.2000

2021 年 11 月 4 日

このアップデートでは、顧客が発見した Active Directory からのアバター同期に関する問題が解決されます。 新しいバージョンでは、アバターのファイル サイズを 2 MB に制限しています。 アバター ファイルが 2 MB を超える場合でも、同期が妨げられることはありません。

3.7.1001

2019 年 10 月 29 日

  • Directory Connector が手動同期モードを使用する場合、自動同期モードに切り替えるように通知する製品内メッセージを追加しました。

3.6

2020年6月18日水曜日

  • 以下の機能と機能強化を追加しました。 インストール後デスクトップで作成された Directory Connector へのショートカット、ドライランは進捗カウントを示すようになり、会議室オブジェクトの属性を構成できるようになります。

  • ユーザー属性マッピングが userproxy 属性を見つけられなかった問題を修正しました。

  • Symantec コード署名証明書を更新しました。

3.5.1001

2019年10月8日水曜日

  • 以下の機能と機能強化を追加しました。 特定のメール アドレスにディレクトリ同期レポートを送信し、AD LDS のプロキシ ユーザーに対するアバター同期サポート、アバター パターン「cn」属性のサポート、トラブルシューティング機能の強化。

    デフォルトの増分同期のスケジュールを 30 分おきから 4 時間ごとに変更しました。

  • リモート デスクトップ セッションで Directory Connector の表示に影響を与える解像度のスケーリング問題を修正しました。

  • 同期が実行された後でもグループが [オブジェクトの追加] ページに常に表示される問題を修正しました。

3.4.1001

2019年5月20日水曜日

  • 以下の機能を追加します。 診断ツール、セキュリティ保護された LDAP (LDAPS)、および属性検証メッセージの強化。 詳細については、展開ガイドの通知タブを参照してください。

  • メッセージを削除する不一致オブジェクトを改善しました。

  • FIPS が有効になっているときに、管理者がサインインできない問題を修正しました。

  • コネクタが登録されている間にルート ドメイン guid を取得できない問題を修正しました。

  • コネクタがリモートセッションから Windows Server 2012 にクラッシュする問題を修正しました。

  • 管理者のメールに + が含まれる場合にサインインに失敗しました。

  • Active Directory アバターテストおよび uid 形式検証が AD LDS に対してサポートされていない問題を修正しました。

3.3.1003

2019 年 2 月 15 日

  • 以下の機能を追加します。 カスタマイズされた属性、Kerberos プロキシのサポート、埋め込みアバタープロファイルの同期、uid へのより多くの属性マッピング、自動ソフトウェアアップグレード、URL ベースのアバターファイルにアクセスするための資格情報のサポート。 詳細については、展開ガイドの通知タブを参照してください。

  • Microsoft にはクッキーの問題が発生したため、Directory Connector 増分同期に失敗しました。 このバージョンでは、問題が解決されました。

3.0.1003

2018年6月19日水曜日

  • TLS1.2 およびその、依存性 .NET Framework 4.5 のセキュリティ強化。 フレームワークはこのリリースで施行されるため、ソフトウェアは TLS1.2 をサポートできます。

  • Cisco では今後 TLS1.0 および TLS1.1 をサポートしないためこれは必須のアップグレードです。 できるだけ早くこのリリースにアップグレードしてください。


     

    3.0.1003 にアップグレードすることを強くお勧めしていますが、3.0.1001 にアップグレードした場合、展開に準拠するため .NET Framework 4.5 を実行する必要があります。

3.0.1001

2018年4月23日水曜日

  • 新しい機能の追加: 単一のフォレストまたは複数のフォレストの下に複数のドメインを持つ Active Directory 展開のサポート: NTLM サポート、userPrincipalName (Active Directory 属性) を uid (cloud attribute)、および TLS 1.2 にマッピングすることができます。 詳細については、展開ガイドの通知タブを参照してください。

このページでは、新しいリリースに向けて Hybrid Directory connector の展開を準備するために役立つ情報をカバーします。

https://www.cisco.com/go/hybrid-services-directoryに移動し、「Directory Connector の展開ガイド」にアクセスします。

自動アップグレード

新しいリリースが自動的にインストールされるように、自動アップグレードを有効にすることをお薦めします。

Directory Connector をダウンロードする

Directory Connector を新規インストールする場合:

  1. このリンクからインストール用の zip ファイルをダウンロード してください。

  2. 展開ガイドにある「Directory Connector をインストールする」の手順に従ってください (手順 3 から)。

2022 年 4 月 15 日

ソフト削除後にユーザーを完全に削除する

ソフト削除後、7 日間の猶予期間が過ぎるのを待つ代わりに、ユーザーを次回の同期で完全に削除することができるようになりました。

詳細については、展開ガイドのこのセクションを参照してください。

2019/10/31

Windows Server 2019

Cisco Directory Connector 3.5 は Windows Server 2019 および対応するバージョンのActive Directoryでサポートされるようになりました。

2019年10月8日水曜日

Directory Connector 3.5 の新機能

Cisco directory Connector バージョン 3.5 をリリースしました。 既存のインストールについては、アップグレード プロンプトが表示されます。 新しいリリースが自動的にインストールされるように、自動アップグレードを有効にすることをお薦めします。 新規インストールについては、リリース ノート最上部のステップとリンクを使用してください。

このリリースには、次の機能の更新と拡張機能 (および対応する文書の更新)が含まれています。

ディレクトリ同期レポート
デフォルトでは、組織の連絡先または管理者は常にメール通知を受信します。 Cisco directory Connector のこの設定により、ディレクトリ同期レポートを要約するメール通知を受け取る人をカスタマイズます。
トラブルシューティング機能の強化
トラブルシューティングを有効化してCisco directory connector で発生するエラーの診断に役立てることができます。 トラブルシューティングでは、ネットワーク トラフィック情報を取得して、それをファイルに保存する作業が必要です。 ログ ファイルは次の場所に保存されます。
<Installation Location>\Cisco Systems\Cisco Systems\Cisco Directory    Connector\Logs

2019年6月26日水曜日

新規ユーザー ソフト削除機能

Cisco directory コネクタには、ユーザーの意図しない削除を防ぐためのチェック機能があります。 残念ながら、事故は発生します。Active Directory で LDAP フィルターを正しく設定していなかったために、クラウドと同期したときに一部のユーザーが削除されるなどです。 ソフト削除機能を使用すると、これらの事故から回復し、ユーザー アカウントを再確立することができます。

詳細については、展開ガイドのこのセクションを参照してください。


 

これはクラウド側の機能であり、特定のソフトウェア リリースに関連付けられていませんが、最新バージョンのCisco directory connector にアップグレードすることを強くお勧めします。

2019年5月20日水曜日

Directory Connector 3.4 の新機能

Cisco directory Connector バージョン 3.4 をリリースしました。 既存のインストールについては、アップグレード プロンプトが表示されます。 新しいリリースが自動的にインストールされるように、自動アップグレードを有効にすることをお薦めします。 新規インストールについては、リリース ノート最上部のステップとリンクを使用してください。

このリリースには、次の機能の更新と拡張機能 (および対応する文書の更新)が含まれています。

診断ツール
内蔵の診断ツールを使用して、Cisco Directory Connector の展開のトラブルシューティングを行うことができます。 正常に機能しない場合は、構成またはネットワーク エラーが発生している可能性があります。 このツールは、サポートに連絡する前にエラーを診断できるように、LDAP への接続をテストします。
セキュアな LDAP (LDAPS)
Cisco Directory Connector は、Active Directory とドメイン コントローラー間の通信プロトコルとして LDAPS をサポートするようになりました。 LDAP はデフォルトですが、セキュアで暗号化された通信の全般的な設定では、LDAPS を選択することができます。
属性確認メッセージの強化

Ciscoディレクトリ コネクタは、クラウド アイデンティティ サービスの uid の属性値を検証し、選択したフィルタ オプションの下で、利用可能な 3 人のユーザを取得します。 これらの 3 人のユーザーすべてが有効なメール形式を持っている場合、ソフトウェアは確認のポップアップを表示します。 このテスト中にエラーが発生した場合は、警告メッセージが表示されます。

2019 年 2 月 15 日

Directory Connector 3.3 の新機能

Cisco directory Connector バージョン 3.3 をリリースしました。 既存のインストールについては、アップグレード プロンプトが表示されます。 新規インストールについては、リリース ノート最上部のステップとリンクを使用してください。

このリリースには、次の機能の更新と拡張機能 (および対応する文書の更新)が含まれています。

カスタマイズされた属性

Cisco directory Connector は式ベースの属性のカスタマイズをサポートできます。 これまで、アプリケーションには、"GivenName SN" など、顧客のリクエストをサポートするためのいくつかのハードコーディングされた組み合わせがありました。 顧客が属性の組み合わせの要求を異なる場合、エンジニアリングは手動で追加する必要がありました。 この機能により、独自の属性の組み合わせを指定することができるため、より柔軟性が高まります。

Kerberos プロキシ サポート
Cisco directory connector は、ローカルネットワークプロキシのプロキシ構成を読み取ることができます。 Windows システムでは、アプリはインターネット ネットワーク オプションの設定を活用します。
埋め込みアバター プロファイルの同期
新しいコネクタ アプリケーションは、アバターのRaw画像のバイナリデータを読み取り、Webex クラウドと同期できます。
さらに多くの AD 属性を UID にマッピングすることができます
さらに多くの顧客は、AD 属性を管理してクラウド UID にマッピングすることを希望しています。 このバージョンでは、属性を UID に自由にマッピングすることができます。 推奨されるのはメールまたは UserPrincipleName です。 提案されたものの代わりに属性を選択すると、アプリはマップ元になる値がメールの形式である必要があることを知らせる警告をポップアップ表示します。
新しいバージョンに自動的にアップグレードする

Ciscoディレクトリ コネクタを最新版にアップデートしておくことが重要です。 3.3 では、新しいバージョンの準備ができたときに、アプリケーションに自動的にアップグレードを実行させることができます。 チェックボックスをオンに選択するだけで、アプリはサイレントモードでインストールを実行することができます。 気が変わった場合は、構成設定に戻って機能をオフにすることができます。

URL ベースのアバター ファイルにアクセスするための資格情報

資格情報が必要な Web リソース サーバーのアバター リソースを管理することができます。 新しいバージョンでは、同期の前に資格情報を提供することができ、 Directory Connector はすべてのアバター データをクラウドに同期することができます。

2018年4月23日水曜日

Directory Connector 3.0 の新機能

Cisco Directory Connector バージョン3.0 をリリースしました。 既存のインストールの場合は、アップグレード プロンプトが表示されます。新規のインストールの場合は、https://admin.webex.com の [顧客ビュー] へ移動し、[ユーザー] をクリックし、 [ユーザーの管理] > [ディレクトリ同期を有効にする] を選択します。

このリリースには、次の機能の更新と拡張機能 (および対応する文書の更新)が含まれています。

単一のフォレストまたは複数のフォレストの下のいずれかで複数のドメインをサポートする

Cisco Directory Connector は単一のフォレストまたは複数のフォレスト (AD LDS を必要とせずに) のいずれかの下の複数のドメインをサポートします。 各ドメインにCiscoディレクトリ コネクタをインストールし、組織に各ドメインをバインドし、各ユーザー ベースをWebexに同期します。 Control Hub は複数のCisco Directory Connector の同期状態を示すことでステータスを反映し、特定のドメインの同期をオフにして、高可用性展開でCisco Directory Connector を非アクティブ化できます。 ドライ ラン同期は、Webex クラウドにあるユーザー データとオンプレミスの Active Directory にあるユーザー データを照合するのに役立ち、一致しないユーザー オブジェクトにはフラグが立てられるため、判断材料になります。

複数ドメインの環境でCisco directory Connector を展開する手順については、ディレクトリ コネクタを展開する章。

NTLM サポート
Cisco Directory Connector は、 NT LAN Manager(NTLM)を選択します。 NTLM はドメイン デバイス間で Windows の認証をサポートし、セキュリティを保証するための 1 つのアプローチです。 詳細は、「NTLM プロキシ」を参照してください。
userPrincipalName (Active Directory 属性) を uid (クラウド属性) にマッピングできます
mail Active Directory 属性の代わりに、userPrincipalName をオプションとして、ユーザー メールの uid クラウド属性にマッピングするために追加しました。 詳細については、ユーザー属性のマッピングを参照してください。
TLS 1.2 をサポートします
Cisco Directory Connector は、.NET Framework 3.5 と 4.5 がインストールされている場合TLS 1.2 をサポートしています。 TLS 1.0 および 1.1 はこのリリースでもサポートされています (.NET Framework 3.5 のみ)。 詳細については、Directory Connector の要件を参照してください。