これらの方法はすべて、ユーザー に自動メール招待状を送信しますが、自動メールを抑制し、独自のメール招待状を手動で送信することができます

ユーザーを追加する前に、自動ライセンス割 り当てテンプレートを設定できます。 使用可能な方法のいずれかを使用してユーザーを追加すると、テンプレート内のライセンスが新しいユーザーに自動的に割り当てられます。

ユーザー管理方法

説明

会社がサイト管理Active Directoryを使用している場合、 ユーザーを追加し、Webex Active Directoryと同期ディレクトリ コネクタ。 ディレクトリ コネクタはバックエンドの Cisco クラウド ディレクトリActive Directory同期するために重要なツールであり、ユーザーが次のクラウド サービスを使用できます。Webex MeetingsおよびWebex アプリサービス。 この方法でユーザーを追加したら、以下のオプションのいずれかを用いてユーザーにユーザーにサービスを割り当てます:

  • このステータススクリーンを同期した後、サービスを選択して、一度に全ユーザーにこれらを追加できます。 個々の変更は後で出来ます。

  • ユーザーを同期した後の任意の時点で、Webexに対して、CSV テンプレートを使用して Control Hub のユーザーを変更するで説明されている、エクスポートされた CSV テンプレートを通して特定のユーザーに資格を与えすることができます

ユーザー管理に Okta または Azure AD を使用している場合は、Webexをアプリケーションとして選択し、それから Control Hub で管理されている組織のディレクトリからユーザーを同期します。 オンプレミスのインフラストラクチャまたはコネクタは必要ありません。 この統合により、ユーザーが Okta または Azure AD でアプリケーションを作成、更新、または削除されるたびに、ユーザー リストの同期が保たれます。

最も簡単なアプローチはメールかユーザー向けアップデートサービスにより、一人ひとり個人ユーザーを追加することです。

使用しているWebex アプリパイロット プロジェクトとして、この方法で少数のユーザーを追加して、サービスを試して慣れ親しまれるのをお勧めします。

CSV アップロードは最大 20,000 を同時に追加するための最適な方法です。 スプレッドシートのテンプレートを CSV (comma-separated ファイル) としてダウンロードして、追加したいユーザーの電子メール アドレスを入力し、それらのユーザーにサービスライセンスを割り当て、ファイルを組織にアップロードします。

People API を使用して、組織にユーザーを自動的に追加することができます。 また、この API を使用して、ユーザーにライセンスや管理者ロールを割り当てることもできます。

全権限を持つ顧客管理者なら、さまざまな権限を持つロールを組織のユーザーに割り当てることができます。

顧客管理者は、Webexアカウント それを行った後、ユーザーは組織のサブスクリプションに含まれる機能を使用できます。 ユーザークレームの見直し中に、これらのユーザーのライセンス割り当てを確認および更新できます。


 

コンテンツの移行機能は、個人のWebexアカウントを管理します。 ユーザーを 1 つのエンタープライズ組織から別の組織に移行できますが、Webex 会話を転送できます。 元の組織を削除すると、すべてのユーザーのデータを含む、組織に関連付けられたすべての情報が永久に削除されます。 Webex アプリのメッセージやファイル、および Webex Meetings の URL やミーティングの録画を含むすべての Webex Meetings データが失われます。

ユーザーが主張された場合、前の組織のすべてのコンテンツが完全に削除されます。

セルフ登録 (ユーザーが自分で登録する) と、サイドボード (他のユーザーが招待する) の 2 種類があります。 このオプションはデフォルトでユーザーが利用できます。

ドメインでユーザー がセルフ登録しないなす方法を読む

「セルフ登録」はユーザーがサインアップした時です:Webex. 誰でも次の操作を実行できます:Webexを実行し、必要なのは電子メールアドレスを識別子として指定する必要があります。

また、ユーザーが別のユーザーを招待する場合には、「サイドボーディング」という用語も使用します。Webex、 および招待されたユーザーは組織から独立してサインインします。

ユーザーがこのようなサインアップを行う際には、デフォルトでWebex有料サブスクリプションの一部ではない「無料」ユーザーを含む一般組織にアカウントを作成します。Webexサービス。

「有料」組織を管理している場合、追加管理が必要となる可能性があります。 会社のメール アドレスを次のように装います: user1@example.comuser2@example.com.

その他のユーザー作成プロセスとは独立して、user3 は Webex次を使って、初めてサインインする user3@example.com. Webexは、デフォルトで一般組織の user3 を作成します

user1 と user2 のように、ユーザー 3 のサービスを管理する前に、ユーザーを組織にクレームする必要があります。

ユーザーがサインアップする前に ドメインを申請することで、この状況をexample.com 回避できます。 組織にも自動指定SSOが設定されている場合、user3 のフローは次のようになります。

クライアントをダウンロードし、メール アドレスを提供します user3@example.com. このドメインは主張されたので、user3 は一般組織のメンバーになれできません。 Webexサイドボーディングを通じてユーザーを作成し、ユーザーを ID プロバイダー (IDP) にリダイレクトします。 IDP で認証し、次の方法でアクセスを取得します。Webexアカウント コントロール ハブのライセンス サービスは、ユーザー 3 に自動ライセンス テンプレートで指定されたサービスを提供し、user3 はWebex.

以下でこれらタスクを使用:

  • 招待メールを再送する:Webex アプリをリマインダーとして、またはユーザーが受信しない場合に選択します。

  • もう勤務していない、もしくはアカウント情報が正しくない場合は、組織からユーザーを削除します。