ミーティング中にコンテンツを共有する。

Web セミナーやイベントのプレゼンターと同様、ミーティングの誰でも、4K までのコンテンツを共有できます。 共有アプリケーション上に開いているウィンドウを 移動しても、他のユーザーには表示されませんが、共有アプリケーション上にカメラのビデオを表示することができます

[ コンテンツ共有 ] ウィンドウは、必要な数のアプリケーションを表示する目的で、任意のサイズに拡大または減少することができます。 [共有] を クリック して [コンテンツ の共有] ウィンドウを開 き、ウィンドウの端にカーソルを合わせると、クリックして希望のサイズにドラッグします。

画面共有

自分の画面を共有するとそれが全員に表示されます。 Word ドキュメントや PowerPoint スライド、あるいはウェブサイトやチャットウィンドウを開いている場合には、そのスライドが表示されます。


 

ミーティングの前に、通知をミュートし、個人または機密ドキュメントを閉じます。 これにより、偶発的非公開情報または煩わしい情報を共有してしまうことを心配する必要がなくなります。


 

コンテンツを共有中に、[この画面を共有しています] というメッセージの場所にマウスを移動することで、共有ツールバーにアクセスできます。 選択ドロップダウン リストオプションが表示されます。 再度非表示にする場合は、マウスを離してください。

[共有 ]共有アイコン をクリックして、共有する画面を選択します。

特定のアプリケーションのみ共有する

特定のアプリケーションを共有すると、他のユーザーは共有アプリケーション以外のものを見ることができません。 たとえば、PowerPoint を開き、PowerPoint を共有を選択した場合、そのユーザーはブラウザー のタブを見れません。 複数の PowerPoint プレゼンテーションを開いている場合は、それらを切り替えできます。 共有しているアプリケーションの前に別のアプリケーションを移動した場合、参加者は共有アプリケーションのみ表示することができます。


 

共有されていないアプリケーションを誤ってクリックした場合でも、共有されているアプリケーションのみ表示されます。

アプリケーションを開いているか否に関らしても、アプリケーションを共有する:

  • 開いているアプリケーションを共有するには、[共有] を クリックして共有アイコン リストからアプリケーションを選択します。
  • 開いていないアプリケーションを共有するには、[ 共有アイコン その他のアプリケーションを共有>] を選択し、アプリケーションの隣にある [共有] をクリックします。

複数アプリケーションの共有

[コンテンツ共有] メニューから複数のアプリケーション を共有 します。

[コンテンツの 共有] をクリックします

  • Windows— Ctrl キーを 押しながら 複数のアプリケーションを選択します。
  • Mac — Shiftキーを押 しながら 複数のアプリケーションを選択します。

タスクバーからウィンドウを共有する

Windows 11 を使用している場合、ミーティングまたはウェビナーの共有オプションから選択することなく、開いているアプリケーションのウィンドウをタスクバーから直接共有します。

タスクバーにあるアプリケーションにカーソルを合わせると 、アプリケーションウィンドウのポップアップ表示される [このウィンドウの共有] をクリックします。

ビデオ コンテンツの共有

ビデオ コンテンツの共有は他の種類のコンテンツの共有とは少し異なります。 この違いを取り扱う上で、ミーティングとウェビナーにはモーションとビデオに関する最適化が選択されています。

[ 共有]共有アイコンクリックし、スクリーン メニューから [ モーションとドロップダウン リストの最適化] を選択し、共有する画面またはアプリケーションを選択します。


 

[コンピューター 音声の共有] ボックス をオンにして、ビデオ音声がデバイスに直接音声会議。

ファイルの共有

ファイルを共有することで、1 つのファイルを共有することができます。 コンピューターに保存されているドキュメントやビデオ ファイルのようなものもあります。


 

すでにファイルを開いている場合は、画面またはアプリケーションを共有してください。 埋め込みビデオで PowerPoint プレゼンテーションを共有しようとしている場合、ファイル共有が機能しない場合があります。

1

[コンテンツの 共有] をクリックし、[次へファイルを 共有 > 選択します。

2

共有するファイルを選択します。

ファイルはミーティング、ウェビナー、またはイベント ウィンドウで開き、そこでミーティングのユーザーが共同作業 を行えます

ホワイトボードを共有する

ホワイトボードを共有するには、ホワイトボードを共有 するを参照Webex Meetings。

カメラからビデオを共有する

ミーティングまたはウェビナーでは、デスクトップを共有するのと同じ様に、コンピュータに内蔵されているカメラや外部 USB カメラを共有できます。 共有中、参加者はカメラが見た対象を見るデータを見る自分のカメラを見る必要があります。 彼らはあなたのセルフビューを引き続き見る場合があります。


 
Events (クラシック) では、カメラからのビデオを共有できない。
1

[共有] をクリック し、[カメラ] を 選択します

2

共有するカメラを選択し、[共有] をクリック します

ミーティングウィンドウにカメラのビデオが表示されます。
3

(オプション)選択したカメラが間違っている、またはカメラ を変更する場合は、[カメラの切り替え] をクリックしてカメラ を選択します。

共有しているものを確認する

コンテンツを共有しているときに、あなたが望むものだけを共有していることと、ミーティングの全員がそれを見ることができるようにしたいと思います。 画面またはアプリケーションを共有するときに、共有しているものを表示するウィンドウを開くことで、他のユーザーに表示される内容を確認します。

  • 共有中に、画面の上部にあるミーティングコントロールバー内のタブに移動し、矢印をクリックします。
画面共有のプレビュー

 

画面の上部にあるコントロールバーを展開または折りたたむには、矢印をクリックします。 共有コントロールバーが共有コンテンツを隠している場合、バーをドラッグして画面の端に移動することができます。