これらの新機能の詳細については、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのアナリティクス」、「クラウド コラボレーション ポートフォリオのレポート」、および「Control Hub での高度な診断とトラブルシューティング」を参照してください。

2022 年 12 月

ミーティングのミーティング内機能の使用レポートが使用可能になりました

今すぐ確認できることコラボレーション機能は、ミーティング内のミーティング機能使用レポートでユーザーによって使用されています。

レポートは圧縮ファイル形式のみ利用可能になりました

パフォーマンスを向上させるために、すべてのレポートが圧縮ファイルとしてダウンロードされます。

2022 年 11 月

ミーティング出席者レポートに新しい共同主催者者列が追加されました

出席者が パーソナル会議室の 共同主催者両方のウィンドウで IS_COHOST 列に表示されます。

レポートの UI の強化

UI の強化レポート改善されたエンドユーザー エクスペリエンスのためのセクションです。 管理者は、よりシンプルなワークフローと読みやすさで、関心のある情報にアクセスすることができます。 改良点:

  • グループとソートに最適なカテゴリにレポートが分割されました。
  • 各カテゴリには、追加の最適なグループ化のためのサブカテゴリがあります。
  • 新しい検索機能。
  • テンプレートをクリックすると、新しい右側のパネルが表示されます。このパネルには、レポートの主要なメトリクスが表示されます。
Control Hub の古いレポート UI と新しいレポート UI

Webex Callingと ThousandEyes クラウド エージェントのインテグレーション

ThousandEyes Enterprise Agents をWebex Callingクラウドにあるクラウド エージェントに接続して、双方向ネットワーク パフォーマンス テストを実行できるようになりました。 現在、ThousandEyes クラウド エージェントをサポートしているWebex Callingデータ センターは、アムステルダム、フランクフルト、シンガポールです。


 
Webex Callingクラウド エージェントは、ThousandEyesダッシュボードで管理され、アクセスされます。

読み取りControl Hub でのWebexサービスとの ThousandEyes のインテグレーションをご覧ください。

2022 年 10 月

Webex Calling の通話キュー分析とレポートが利用できるようになりました

放棄されたコール数、発信者がコール キューで待機するために費やした平均時間 (分)、着信通話の合計数など、組織でセットアップれているコール キューのデータを表示できるようになりました。

詳細を読むクラウド コラボレーション ポートフォリオの分析のコール キュー セクションおよび [ Webex Calling]セクションCloud Collaboration ポートフォリオ用のレポートをご覧ください。

Webex Callingの自動応答分析とレポートが利用可能になりました

営業時間中および営業時間後のコール数、自動応答にルーティングされたコール数、1 日の中で最も多い時間など、組織内にセットアップれている自動応答についてのデータを表示することができます。

詳細を読むCloud Collaboration ポートフォリオの分析自動応答セクションおよび [ Webex Calling]セクションCloud Collaboration ポートフォリオ用のレポートをご覧ください。

外部ドメイン レポートが利用できるようになりました

外部ドメイン レポートをダウンロードできるようになりました。これにより、 Webexアプリで組織とコラボレーションしている外部ドメインや、外部スペースに所属する組織内のユーザーについての詳細が確認できます。

次の「 Webexメッセージング」セクションを参照してください: Cloud Collaboration ポートフォリオ用のレポートをご覧ください。

2022 年 8 月

カスタム ダッシュボードを他の管理者と共有

フル管理者は、組織の他の管理者と作成したカスタム ダッシュボードを共有できるようになりました。

ユーザーを追加してカスタムダッシュボードの例を共有

詳細を読むカスタム分析ダッシュボードのダッシュボードセクションの共有をご覧ください。

トラブルシューティング へのユーザーのフィードバック

トラブルシューティングで利用可能な情報を改善するために、フィードバックを提供することができます。

トラブルシューティングでフィードバックを送信する

2022 年 7 月

新しいWebex Meetingsテレフォニー レポート

Webex Meetingsの新しいテレフォニー レポートが利用可能になりました。 このレポートは、参加者がミーティング中に使用したさまざまな音声オプションを示します (コールバック、 VoIP、プレミアムトールなど)。

ワークスペース分析

この新しいワークスペース アナリティクスにより、オフィスでのハイブリッド勤務体験を改善し、ワークスペースの使用状況、予約、占有率、経時的傾向を理解できます。 詳細情報をチャートとグラフとともに提供することで、従業員の勤務地を効果的に管理することができます。 ワークスペースを知ることで、管理者は必要に応じて会議室を提供したり、あまり利用されない場所を再割り当てしたりできます。

ワークスペース分析の例

詳細を読むクラウドコラボレーションポートフォリオの分析のワークスペースセクションをご覧ください。

トラブルシューティングとの ThousandEyes の統合

ThousandEyes をトラブルシューティングと統合することができるようになりました。 ThousandEyes は、ネットワーク全体のユーザーのフル パス可視性を確認し、問題をより明確に特定する方法を提供します。 トラブルシューティングから ThousandEyesダッシュボードをクロス起動して、各パスの詳細を表示することもできます。

トラブルシューティングでの ThousandEyes 統合

読み取りControl Hub で ThousandEyes をトラブルシューティングと統合するをご覧ください。

2022 年 6 月

コール分析のメディア品質の新しい機能強化

コール分析の [メディア品質] タブには、次の強化が含まれています。

コール エクスペリエンスが最も低いユーザーのテーブル

最も低品質のコール レッグを経験した組織内の上位 300 名のユーザーを確認できるテーブルを追加しました。 この表は、どのユーザーに焦点を当てるべきかを素早く確認し、他のユーザーに対して低品質のコール レッグを持つ理由を見つけるのに役立ちます。

[コーリング メディア品質の分析] で [最低のコーリング エクスペリエンスを持つユーザー] 表

通話分析からトラブルシューティングへのクロスローンチ

ウェブサイトの名前をクリックすると、最低の通話エクスペリエンスを持つユーザーテーブルの新しいタブがトラブルシューティングに表示され、選択した日付範囲 (最大 21 日間) 内にユーザーが行ったすべてのコール レッグを表示します。

通話メディア品質分析の例からトラブルシューティングにクロス起動

ユーザー名とメールアドレスでフィルタ

特定のユーザー名またはメール アドレスですべてのチャートをフィルタリングするオプションを追加しました。


 
あなたユーザーのフルネームまたはメール アドレスを入力する必要がありますを選択して、フィルタを適用します。 たとえば、John Doe のデータをフィルタリングしたいが、John または johndoe だけを入力したい場合、そのユーザーのフィルターは表示されません。
通話メディア品質の分析でユーザー名またはメール アドレスでフィルタリングする

Calling メディア品質分析でのWebexの通話データ

以下を参考にしたコール レッグのデータWebexで発信が Calling アナリティクスの [メディア品質] タブのすべてのチャートで利用できるようになりました。

詳細を読むクラウド コラボレーション ポートフォリオの分析のコール セクションをご覧ください。

2022 年 5 月

カスタム ダッシュボードをPDFとしてダウンロード

カスタム ダッシュボードをPDFとしてダウンロードして、現在のデータのスナップショットを作成できるようになりました。

読み取りControl Hub のクラウド コラボレーション ポートフォリオのためのカスタム分析ダッシュボードをご覧ください。

2022 年 4 月

Analytics で独自のダッシュボードを構築する

ミーティング、メッセージング、通話、デバイス アナリティクスで使用可能な KPI とチャートを使用して、[アナリティクス] で独自のカスタマイズされたダッシュボードを構築できるようになりました。

カスタム分析用の概要ダッシュボード

読み取りControl Hub のクラウド コラボレーション ポートフォリオのためのカスタム分析ダッシュボードをご覧ください。

2022 年 3 月

コール分析の新しい [メディア品質] タブ

Control Hub の新しい Calling Media Qualityダッシュボードを使えば、組織全体のWebex Callingの通話品質を簡単に管理できます。 高レベルの重要なパフォーマンス指標(KPI)により、管理者はグローバル通話品質を簡単に確認できます。 このグラフには、ロケーション、 IPアドレス、メディア タイプ、接続タイプ、コーデック、エンドポイント タイプ、 IP電話モデルごとに、このデータの詳細が表示されます。 データもほぼリアルタイムで更新されるを選択します。 コールが終了してから 15 分以内の通話品質データを確認できます。

管理者は、フィルタを使用してさらに詳細な設定を行うことができます。たとえば、ロケーションやIPフォンのタイプによって通話品質データを数秒で確認できます。 これらのツールを利用することで、お客様は一貫した高品質の通話体験を提供し、ユーザから苦情を言われる前に問題を解決することができます。


 

このタブのデータはWebex Callingの通話についてのみ利用できます。 Webexで発信がコールします。

詳細を読むクラウド コラボレーション ポートフォリオの分析のコール セクションをご覧ください。

Webex Calling通話のトラブルシューティング

Webex Callingでの通話を可視化する新しい方法。 トラブルシューティング ツールを使用して、 Webex Calling通話を検索し、ホップごとのパケット損失、ジッター、遅延情報を確認します。 トラブルシューティング ビューには、有用な通話情報が表示され、メディア品質の問題をピンポイントで特定できるため、迅速な解決に役立ちます。 すべての地域で利用でき、デスクフォンとソフト クライアントに関連するコールでデスクトップとモバイルの両方で利用できます。

読み取りControl Hub でWebex Callingのメディア品質をトラブルシューティングするをご覧ください。

卸売業向けWebexおよびWebex版 Webex パートナーの分析

パートナーとして、顧客へのパッケージ割り当てメトリックスを表示できるようになりました。 これらのチャートは、顧客に割り当てたすべてのパッケージを表示し、顧客がより多くのWebexサービスを採用するかどうかを判断するのに役立ちます。


 

パートナー分析を表示するには、組織に対してフィーチャー トグルが有効になっている必要があります。 Partner Hub に [アナリティクス] タブが表示されない場合は、この機能を有効にする方法についてパートナー オンボーディング チームに問い合わせてください。

読み取りPartner Hub の卸売業向けWebexおよびWebex版 Webex パッケージのアナリティクスをご覧ください。

2022 年 2 月

カスタマイズしたテンプレートを作成

レポートでカスタム テンプレートが利用できるようになりました。 既存のテンプレートを使用して、フォーカスするデータを表示するために特定の列を並べ替えまたは削除することができます。

詳細を読むこの記事のカスタム テンプレート セクションをご覧ください。

[品質] タブで、 Webex Room および Desk シリーズ デバイスのメディア品質の問題に焦点を当てます。

[デバイス分析] の [品質] タブが使用できるようになりました。 このタブのチャートは、 Webex Room と Desk シリーズのデバイスの音声とビデオの品質(分)に焦点を当てて、 Webexコール中に使用されたときにメディア品質に問題が発生するかどうかを確認するのに役立ちます。

2022 年 1 月

ミーティング出席者レポートに新しい主催者インジケータ列が追加されました

新しい HOST_INDICATOR 列がミーティング出席者レポートに追加され、参加者者がミーティングの主催者であることが表示されます。

2021 年 12 月

Webexデバイス向けの新しい VIMT ライセンスおよび VIMT 使用状況レポート

2 つの新しいレポートを使用できるようになりました。 Microsoft Teams 用ビデオ統合(VIMT)は組織で使用されています。 VIMT ライセンス レポートには、組織内で VIMT を使用する一意のアクティブ デバイスのライセンス使用状況を示します。また、VIMT使用レポートには、 Microsoft Teams ミーティングに参加するためにWebexを使用したここでの通話の詳細を示します。

[ミーティングの詳細] レポートに同時通訳列を追加

新しい SI_USED 列がミーティングの詳細レポートに追加され、ミーティングに 同時通訳主催者によって有効にされた機能。

2021 年 10 月

ミーティング分析の強化

ミーティング分析の品質ページが 3 つのセクションに分割され、各セクションに追加された新しいグラフと共に、VoIP、ビデオ、ミーティング参加時間のサービス品質について、より深く理解できるようになります。

  • VoIP 品質、ビデオ品質、ミーティング参加時刻セクションの新しいグラフ

    • 内部ユーザーと外部ユーザーを比較するグラフが追加されました。

    • 参加者のローカル IP アドレスを表示するグラフが追加されました。

    • ロケーション別に参加者数とメディア品質を表示する世界地図が追加されました。

    • パケット損失、遅延、ジッターのトレンド データを表示するグラフが追加されました。

    • 平均参加時間とパーセンタイルを表示するグラフが追加されました。

2021 年 9 月

ウェブキャストのトラブルシューティング データを表示する

Webex Events (新) でホストされるウェブキャストのメディア品質データを検索および表示できるようになりました。

Microsoft の Cloud Video Interop (CVI) で使用される Webex Room デバイスのトラブルシューティング データを表示する

Microsoft の Cloud Video Interop (CVI) を通して、Microsoft Teams ミーティングで使用されたクラウドに登録済みの Webex Room デバイスに関するメディア品質データを表示できるようになりました。

ミーティング履歴データ API が使用可能に

Meetings API に関連する新しい履歴データが含まれる Webex Meetings に関連する分析データにアクセスできるようになりました。 これにより、大規模なデータをビジネス情報システムに取り込むことができます。

詳細については、「Historical API」デベロッパー ページを参照してください。

Cisco ヘッドセットの分析

国、モデル、および接続タイプ別に Cisco ヘッドセットの使用状況に関するデータを表示して、組織がすべてのヘッドセットをどのように使用しているのかを判断できます。

組織内ユーザー向けパーソナル インサイト

組織向けのパーソナル インサイトが使用可能になりました。 パーソナル インサイトを使用すると、ユーザーはミーティングでどのように時間を使っているのかについて、洞察と分析を得られます。 目標の設定と達成、ワーク ライフ バランスの見直し、全員にとってより質の高い人間関係とより包括的なワーク エクスペリエンスの構築を実現できます。

詳細については、「パーソナル インサイト を有効にする」を参照してください。

ミーティングの詳細レポートにエンドツーエンド暗号化の列を追加

ミーティングの詳細レポートに、ミーティングでエンドツーエンド暗号化が有効になっていたか、 IS_E2EE 列を探します。

メッセージング分析の強化

メッセージング ユーザーをより可視化するために以下の機能強化が追加されました。

  • Web クライアントと Linux プラットフォーム データ。

  • これまでに共有されたローカル ファイルの数を表示する新しいグラフ。

  • 過去 30 日間にメッセージを送信したユーザーのうち、上位 300 人を表示する新しいグラフ。

  • 過去 30 日間にファイルを共有したユーザーのうち、上位 300 人を表示する新しいグラフ。

2021 年 8 月

政府版 Webex: 分析、診断、およびレポートの新機能

政府版 Webex の分析、診断、レポートがアップデートされ、企業版の 7 月リリースに匹敵するような最新のデザインとなりました。


 

政府版 Webex では、診断ではミーティングに参加する時間と Webex Events (新) に関するデータが、レポートでは API サポートが、後日使用可能となる予定です。

  • 政府版 Webex のミーティング分析

    • データ表示時の読み込み時間を数秒に短縮。

    • グラフと KPI のデザインを更新。

  • 政府版 Webex のメッセージング分析

    • データ表示時の読み込み時間を数秒に短縮。

    • グラフと KPI のデザインを更新。

  • 政府版 Webex の Calling 分析

    • Webex アプリの Webex で通話を使用した場合の通話に関する分析用ページを新設しました。ユーザーが通話しているプラットフォームとその品質を追跡できます。

  • 政府版 Webex のデバイス分析

    • デバイス使用状況に関する分析用のページを新設しました。 アクティビティごとに使用されているデバイスとその使用頻度を追跡できます。

  • 政府版 Webex のレポート

    • Analytics の [レポート] タブには、Control Hub の左側のナビゲーションにある [モニタリング] の下に、独自のセクションがあります。 日単位、週単位、または月単位の形式で自動的にレポートの実行もできるようになりました。

    • 新しい Meetings および Messaging CSV レポートを追加しました。

  • 政府版 Webex の診断

    • 新しい KPI とミーティング概要がミーティングの詳細ページに追加されました。

    • ネットワーク品質に問題のある参加者を全員表示するフィルターをクリックできるようになりました。

    • ミーティングの詳細ページで、特定の参加者を検索したり、特定のカテゴリで参加者をフィルタリングしたりできるようになりました。

新しくなったデバイスの CSV レポート

組織内で設定されたデバイスの履歴データを提供する新しいレポートが使用可能になりました。 このレポートは、どのデバイスがどのようなアクティビティに使用されているかを確認し、活用されていないデバイスがあるかどうかを把握するのに役立ちます。

新しいオンボーディング概要レポート

組織にオンボードされたユーザー数のデータを提供する新しいレポートが使用可能になりました。

2021 年 7 月

Webex アプリ通話に対する、Webex Meetings および Webex アプリの統合検索

診断から Webex で通話を使用して行われたダイレクト コールのメディア品質データを検索したり、表示したりできるようになりました。

診断での Webex Events (新) および Webex Events (クラシック) のサポート

Webex Events (新) および Webex Event (クラシック) でイベントのメディア品質データを表示できるようになりました。

レポートの仮想背景およびブレイクアウト セッション インジケータ

ミーティング出席者レポートが更新され、出席者が仮想背景をいつ使用したか、ブレイクアウト セッションに参加したかを確認できる列が追加されました。

2021 年 6 月

診断で参加者を検索してフィルターする

ミーティング詳細ページを確認し、特定のカテゴリで特定の参加者を検索したり、参加者を絞り込んだりできるようになりました。

最大遅延と平均パケット損失の詳細

診断により参加者の最大遅延と平均受信パケット損失を確認できるようになりました。 これらのメトリックスは両方とも 1 分おきにキャプチャされます。 これらのメトリックスは、ネットワークの問題の原因をより早く把握するのに役立ちます。

イベント レポート

新しいレポートでは、Webex Events (新) でホストされているイベントの履歴データをダウンロードできるようになりました。 このレポートを使用すると、組織がこれまでにホストしたすべてのイベントリストを取得して、イベント ID や主催者、イベントの開始および終了日時、ウェブキャストかイベントかなどを確認できます。

Meeting Analytics の [音声] タブのリアルタイム データ

Meeting Analytics の [音声] タブには、[エンゲージメント]、[参加者]、[品質] タブに加え、ミーティング開始後 10 分以内にほぼリアルタイムでデータが表示されるようになりました。

Meeting Analytics マルチサイトの選択

複数の Webex サイトからの Meetings データを Meetings Analytics で選択した Webex サイトと共に 1 つのダッシュボードに組み合わせることができるようになりました。

レポートのナビゲーションの改善

Analytics の [レポート] タブには、Control Hub の左側のナビゲーションにある [モニタリング] の下に、独自のセクションがあります。

ミーティング出席者レポートの更新された品質データ

ミーティング出席者レポートでは、最大および平均パケット損失、ジッター、遅延、ハードウェア、CPU 情報、接続先のデータセンター、ミーティング参加時に使用したクライアントの種類とバージョンなど、各参加者のメディア品質メトリックスが表示されるようになりました。

以下のカラム名も次のように名称変更されました:

  • CLIENT_IPLOCAL_IP

  • GATEWAY_IPPUBLIC_IP

  • VOIP_PACKET_LOSSVOIP_RECEIVING_AVERAGE_PACKET_LOSS

  • VOIP_LATENCYVOIP_AVERAGE_LATENCY

さらに、 VOIP_RECEIVING_AVERAGE_PACKET_LOSS および VOIP_AVERAGE_LATENCY の計算は、Analytics とトラブルシューティングで同じ計算に合わせて変更されました。 次の表ではミーティング出席者レポートの以前のカラム名と更新されたカラム名を比較しています。

表 1. ミーティング出席者レポートの列名の比較

以前の列名

更新された列名

MEETING_NUMBER

MEETING_NUMBER

MEETING_NAME

MEETING_NAME

CONFERENCE_ID

CONFERENCE_ID

USER_NAME

USER_NAME

EMAIL

EMAIL

LOCATION

LOCATION

JOIN_DATE

JOIN_DATE

START_TIME

START_TIME

END_TIME

END_TIME

所要時間

所要時間

OS

OS

BROWSER

BROWSER

CLIENT_IP

LOCAL_IP

GATEWAY_IP

PUBLIC_IP

JOIN_MEETING_TIME

JOIN_MEETING_TIME

VOIP_PACKET_LOSS

VOIP_RECEIVING_AVERAGE_PACKET_LOSS

VOIP_LATENCY

VOIP_AVERAGE_LATENCY

TCP_PERCENTAGE

TCP_PERCENTAGE

UDP_PERCENTAGE

UDP_PERCENTAGE

IS_CMR

IS_CMR

IS_SHARING

IS_SHARING

IS_RECORD

IS_RECORD

VIDEO_MINUTES

VIDEO_MINUTES

CLIENT

CLIENT_VERSION

MEDIA_NODE

接続

HARDWARE

カメラ

マイク

発言者

VOIP_AVERAGE_LATENCY

VOIP_MAX_LATENCY

VOIP_RECEIVING_AVERAGE_PACKET_LOSS

VOIP_RECEIVING_MAX_PACKET_LOSS

VOIP_SENDING_AVERAGE_PACKET_LOSS

VOIP_SENDING_MAX_PACKET_LOSS

VOIP_RECEIVING_AVERAGE_JITTER

VOIP_RECEIVING_MAX_JITTER

VOIP_SENDING_AVERAGE_JITTER

VOIP_SENDING_MAX_JITTER

VIDEO_AVERAGE_LATENCY

VIDEO_MAX_LATENCY

VIDEO_RECEIVING_AVERAGE_PACKET_LOSS

VIDEO_RECEIVING_MAX_PACKET_LOSS

VIDEO_SENDING_AVERAGE_PACKET_LOSS

VIDEO_SENDING_MAX_PACKET_LOSS

VIDEO_RECEIVING_AVERAGE_JITTER

VIDEO_RECEIVING_MAX_JITTER

VIDEO_SENDING_AVERAGE_JITTER

VIDEO_SENDING_MAX_JITTER

CPU_APPLICATION_AVERAGE

CPU_APPLICATION_MAX

CPU_SYSTEM_AVERAGE

CPU_SYSTEM_MAX

2021 年 4 月

分析の再設計: 通話とメッセージング

メッセージングと通話用に再設計された分析を追加して、サービス全体における分析性能をさらに向上します。 [分析] ページの設計により、主なパフォーマンス メトリクスを表示するユーザーフレンドリーなレイアウト、コンテキストのフィルタリング機能、読み込み時間の短縮が可能となっています。

改善されたビデオ メッシュ分析ページ

[ビデオメッシュ分析] ページが更新されます。エンゲージメント、リソース、帯域幅使用量のタブ用の個別の KPI や、より詳細なデータを使用できるように更新されたグラフが提供され、データの読み込み時間が短縮されます。

ビデオ メッシュ エンゲージメント タブの新デザイン

ミーティング中に使用されたアクティビティに関するデータを提供する以下の KPI を追加しました。

  • 合計コールレッグ

  • オンプレミスのコールレッグ

  • クラウドのコールレッグ

  • クラウド コールレッグへのオーバーフロー

[通話参加の概要] と [通話参加アクティビティ] グラフが、[クラスタタイプごとのコールレッグ] と [クラスタタイプごとのコールレッグの傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ エンゲージメントの [クラスタタイプごとのコールレッグ] グラフ

[クライアントタイプの概要] と [クライアントタイプ使用状況] のグラフが、[エンドポイントタイプごとのコールレッグ] と [エンドポイントタイプごとのコールレッグの傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ エンゲージメントの [エンドポイントタイプごとのコールレッグ]

[ミーティングリソースの概要] と [ミーティングの詳細] グラフが、[コールレッグごとのミーティング接続] と [コールレッグごとのミーティング接続の傾向] に更新されました。

更新されたビデオ メッシュ エンゲージメントの [コールレッグごとのミーティング接続] グラフ

ビデオ メッシュ リソース タブの新デザイン

組織のビデオ メッシュ クラスタのデータを提供する次の KPI を追加しました。

  • 平均のクラスタ可用性

  • クラウド コールレッグへのオーバーフロー

  • リダイレクトされたコールレッグ

ビデオ メッシュ リソース KPI

[クラスタごとのノード可用性の割合]、[オンプレミスクラスタ全体のノードの可用性]、[稼働中のノード] グラフが、[クラスタの可用性(%)]、[ノードごとのクラスタの可用性]、[ノード可用性] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ リソース クラスタと [ノード可用性] のグラフ

[クラウドへのオーバーフロー] グラフが、[原因ごとのクラウドへのコールレッグオーバーフロー] と、[原因ごとのクラウドへのコールレッグオーバーフローの傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ リソースの [原因ごとのクラウドへのコールレッグオーバーフロー] グラフ

[コールリダイレクト] グラフが、[原因ごとのコールレッグリダイレクト] と [原因ごとのコールレッグリダイレクトの傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ リソースの [原因ごとのコールレッグリダイレクト] グラフ

[通話分配の概要] と [オンプレミスクラスタ全体での通話分配] グラフが、[クラスタごとの最大通話分配] と [クラスタごとの最大通話分配の傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ リソースの [クラスタごとの最大通話分配] グラフ

[リソース使用率の概要] と [リソース使用率] グラフが、[クラスタごとの平均リソース使用率] と [クラスタごとの平均リソース使用率の傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ リソースの [平均リソース使用率の概要] グラフ

ビデオ メッシュ帯域幅使用量タブの新デザイン

組織のビデオ メッシュ クラスタの使用量に関するデータを提供する次の KPI を追加しました。

  • データ合計使用量

  • 送信データ使用量

  • 受信データ使用量

  • 音声データ使用量

  • ビデオデータ使用量

ビデオ メッシュ帯域幅の使用量 KPI

[合計カスケード接続帯域幅使用量] グラフは、[クラスタごとの合計カスケード接続データ使用量] と [クラスタごとの合計カスケード接続帯域幅使用量の傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ帯域幅使用量の [合計カスケード接続データ使用量] グラフ

[カスケード接続帯域幅使用量] グラフは、[データ転送ごとのカスケード接続データ使用量の合計] と [データ転送ごとのカスケード接続帯域幅使用量合計の傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ帯域幅使用量の [データ転送ごとのカスケード接続データ使用量合計] グラフ

[ストリーム全体のカスケード接続帯域幅使用量] グラフは、[ストリームごとのカスケード接続データ使用量合計] および [ストリームごとのカスケード接続帯域幅使用量合計の傾向] グラフに更新されました。

更新されたビデオ メッシュ帯域幅使用量の [データストリームごとのカスケード接続データ使用量合計] グラフ

レポートとレポート スケジューラの改善

[レポート] ページが改善され、確認しやすいレポートのカタログが提供されるようになりました。ダウンロードも可能です。 レポートを毎回手動で実行する代わりに、日次、週次、または月次の形式で自動的にレポートが実行されるようスケジュールを設定することもできます。

ミーティング ネットワーク品質の傾向アラート

ミーティング ネットワーク品質の傾向アラートは、1 日の終わりにすべてのミーティングの品質を検査し、平均ネットワーク パフォーマンスが下降傾向の場合、アラートを送信します。 このアラートを使用すると、ネットワークで発生している可能性がある問題を早期に確認し、今後のミーティングをスムーズに実行できるようになります。

クラウド登録済みビデオ会議デバイスのサポートと VIP ライブ ミーティング品質問題アラート用の平均システム CPU

VIP ライブ ミーティング品質問題アラートを使用して、会議室デバイスを監視し、システム CPU の平均しきい値を設定できるようになりました。

2021 年 2 月

改良されたミーティング分析のエンゲージメントページ

[ミーティングエンゲージメント] ページは、個々の KPI が改良され、2 つのタブ([エンゲージメント] と [参加者])に分割されるようになりました。 [エンゲージメント] タブには、ミーティング中に参加者が行ったアクティビティのタイプに対する KPI とメトリクスが表示されます。 [参加者] タブには、参加者のミーティングへの参加方法の KPI とメトリックスが表示されます。

[ミーティングエンゲージメント] タブの再設計

ミーティング中に使用されたアクティビティに関するデータを提供する以下の KPI を追加しました。

  • 合計ミーティング数

  • ミーティングの合計時間 (分)

  • 合計ビデオミーティング数

  • 合計共有ミーティング数

  • 合計録画ミーティング数

[ミーティングごとの使用状況] および [アクティビティごとの使用状況] チャートは、[ミーティング(アクティビティ別)] チャートに組み合わされています。 また、このチャートはミーティングが録画されたときのデータもキャプチャします。

2 つの新しい [ミーティング時間(アクティビティ別)] チャートが追加されました。 これらのチャートは、ミーティング中に各アクティビティで使用された時間(分)を示します。

新しいミーティング参加者タブ

主催者と参加者に関するデータを提供する以下の KPI を追加しました。

  • 合計ミーティング数

  • 固有の主催者の合計数

  • 合計参加者数

[参加方法] チャートは、[参加方法ごとの参加者] チャートに更新されました。

[ロールごとの参加者] チャートは新しいデザインに更新され、主催者と参加者の代わりに主催者と出席者がキャプチャされるようになりました。

[場所ごとの使用状況] チャートは、[参加者(参加場所別)] チャートに更新されました。

[参加時間(分)ごとの使用状況] チャートは、[参加時間(分)] チャートに更新されました。

改良されたミーティング分析の音声ページ

ミーティング音声ページは、VoIP 時間(分)、テレフォニー時間(分)、音声のみのミーティングの個々の KPI とメトリックスに加えて、概要統計情報を含む傾向チャートが改良されました。 追加された KPI は次のとおりです。

  • 音声通話時間(分)

  • 合計 VoIP 時間(分)

  • 合計テレフォニー時間(分)

[音声ソース] グラフは、[タイプごとの音声使用状況] グラフと組み合わされています。

[参加者の詳細] テーブルが削除され、Webex 出席者 レポートとして [レポート] タブからアクセスできるようになりました。 音声の詳細については、Webex Meetings 音声使用状況レポートをダウンロードすることもできます。

Webex Meetings レポートの Webex Assistant for Meetings インジケータ

Webex Meetings レポートで Webex Assistant for Meetings が有効になっていたミーティングを確認できるようになりました。

2021 年 1 月

ブレイクアウトセッションの品質データの表示

ミーティング内のブレイクアウトセッションの品質データを表示できるようになりました。 タイムラインの上部にある青い線は、ブレイクアウトセッションを表します。 青の線をクリックすると、ブレイクアウトセッションに参加した参加者と、参加者が滞在した時間を確認できます。これにより、特定のブレイクアウトセッション内の問題を切り離すことができます。

デバイスとペアリングした参加者の表示

参加者がデバイスを使用するか、PSTN 経由で接続してミーティングに参加すると、参加者の名前がデバイスの下に表示されるようになりました。 参加者がペアリングしているデバイスを確認し、適切な参加者に簡単に支援を提供できます。

当社は予定されているリリースの詳細を共有していますが、リリース日と機能自体を変更する必要がある場合があることに注意してください。 変更については、この記事を購読して更新することができます。


 

特に明記されていない限り、政府版 Webex では現時点で、これらの機能を利用できません。

2022 年 12 月

Pro Pack でのみ利用可能なレポートの機能と性能に通知を追加する

Pro Pack から Standard にダウングレードするとき、レポートの機能または能力が Pro Pack でのみ利用可能な場合、通知が表示されます。

分析

改良されたミーティング アナリティクスの品質ページ

[アナリティクス] の [ミーティング品質] ページは、VoIP、ビデオ、ミーティング参加時間 (JMT) のリアルタイムのネットワーク品質 KPI とメトリックスに加えて、概要統計情報を含む傾向チャートが改良されました。 IT 管理者は、リアルタイム データを表示し、ネットワーク品質に問題が繰り返し発生したユーザーを特定し、トラブルシューティングをクロスローンチして品質問題に対処することができます。

[ミーティング再設計品質のインフォグラフィック] をチェックして、利用可能なすべての新しい情報を確認してください。


 

[ミーティングの再設計] タブを表示するには Webex サイトバージョン 40.6 以降が必要です。

ミーティング レポートでの Microsoft および Slack インテグレーションのサポート

組織によって連携が設定されている場合、ミーティングが Webex Meeting レポートの Microsoft Teams または Slack を通じてスケジュールされているか確認できます。 この列は、Webex Meetings におけるインテグレーションの使用状況を追跡および数値化するのに役立ちます。

REST API のレポート

新しい Analytics Reports Rest API で独自のレポートを作成できます。 これにより、大規模なデータをビジネス情報システムに取り込むアクセスが可能です。

詳細については、[レポート API] または [レポート テンプレート API] デベロッパー ページを参照してください。

診断

ミーティング品質 REST API

新しいミーティングを保存 API を使用して、ライブ ミーティングおよびミーティング後の詳細データに最大 14 日間アクセスできます。 分単位の品質メトリックスは、[トラブルシューティング] タブに表示されるデータと同様に使用可能です。 この API は、リアルタイムな分ごとのネットワーク品質データを含む、ミーティングや参加者の詳細に対するスケーラブルでプログラム アクセスを提供します。

詳細については、[ミーティング品質] デベロッパー ページを参照してください。

分析

Webex の今後のスケジュール済みミーティング レポート

このレポートは、選択した Webex サイトで今後 90 日間に予定されているミーティングを示します。 このレポートを使用して、ミーティングをスケジュールしているユーザーの数について洞察を得て、開催予定のミーティングの数とタイミングを理解します。 この情報は、ユーザーに影響を与える可能性があるサイト移行またはサイトのアップグレードのタイミングを管理するために役立ちます。 重要なミーティングまたはイベントを特定し、サポートを適切に計画するために役立ちます。

Webex 高 CPU レポート

このレポートは、参加者の平均システム CPU 使用率が 90% 以上、ミーティング中のビデオ時間の少なくとも 25% を示します。 システムの CPU 使用率が高い場合、これらの参加者に低品質なメディアのミーティングがが発生する場合があります。 このレポートを使用すると、ユーザーがミーティングのエクスペリエンスを向上するために、システム CPU 使用率を削減するのに役立ちます。

診断

VIP ライブ ミーティング品質問題の警告ですべての参加者をモニタする

VIP ライブ ミーティング品質問題アラートでは、あなたがアラートを作成したユーザーと同じミーティングに参加しているすべての参加者をモニタできます。


 

このオプションはデフォルトでオフになっています。 既存の VIP ライブ ミーティング品質問題アラートがすでに設定されている場合、このオプションは次回アラートを編集する時に自動的にオンになります。

トランスポート プロトコル変更インジケータ

[ミーティング詳細] ビューおよび [参加者の詳細] ビューにある紫のダイヤモンド アイコンの上にマウスを置いて、ミーティング中に UDP から TCP に参加者が変更を行った場合に確認できます。

UDP から TCP への変更は、通常、ネットワーク接続が不安定で参加者の音声とビデオの品質に影響を与える可能性を示します。 これらの参加者の音声とビデオに関連する問題を修正するために、この情報を使用することができます。

分析

デバイス アナリティクス Revamp

組織でクラウド登録デバイスを使用する方法をサポートするため、新しい重要なパフォーマンス インジケータ (KPI) とチャートを持つ [デバイス] タブを更新しました。

デバイス データの Webex Assistant

デバイス向けの Webex Assistant に関する使用状況を表示できます。 このデータは、ユーザーが Webex Assistant と対話する方法、およびユーザーがより頻繁に対話できるようにサポートする方法について洞察を得ることができます。

診断

アクティブな通知

参加者が Webex ミーティング中に特定のパケット損失グ、ジッター、または遅延しきい値に達した場合に通知するアラートを設定できます。 参加者が参加するミーティングの詳細が記載されたメールを受け取るため、トラブルシューティング サポートに参加して提供できます。


 

アラートをセットアップするには、フル管理者であり、バージョン 40.4.0 以上の Webex サイトを持っている必要があります。 アラートは Webex Meetings および Webex Teams アプリからミーティングに出席する参加者に対してのみトリガされます。参加者が使用する必要があるアプリの最小バージョンは以下のとおりです。

  • Webex Meetings デスクトップ アプリ バージョン 39.6.5 以上。

  • Webex Meetings モバイル アプリ バージョン 39.11 以上。

  • Webex Teams デスクトップ バージョン 3.0.12427.0 以上。

  • Webex Teams Android アプリ バージョン 4.1.6 以上をインストールします。

  • Webex Teams iOS アプリ バージョン 4.3 以上をサポートしています。

ライブ ミーティングを表示

Webex サイトで進行中のすべてのミーティングのリストを表示できます。 このリストを使用すると、問題が発生する可能性があるミーティングを積極的にモニタし、トラブルシューティングすることができます。


 

ライブ ミーティングを表示するには、[高度なトラブルシューティング アクセス ロール] を持つフル管理者、読み取り専用管理者、またはサポート管理者である必要があります。

進行中のミーティングに参加する

[トラブルシューティングの ミーティング ビュー] ボタンをクリックすると、進行中のミーティングに参加できます。 この機能を使うと、ミーティング中にトラブルが発生した参加者を簡単にサポートできます。


 

進行中のミーティングに参加するには、[高度なトラブルシューティング アクセス ロール] を持つフル管理者である必要があります。

分析

ミーティング使用状況概要レポート

このレポートは、組織内で開催される各日のすべてのミーティングの詳細を示します。 すぐにミーティングと参加者の合計、および特定の日付の VoIP、PSTN、ビデオ参加者の合計時間 (分) を確認できます。

Teams クライアント バージョン レポート

[更新] ボタンをクリックしていない人を見つけるには? Teams クライアント バージョン レポートは、ユーザーの Webex Teams クライアント バージョンを示します。 古いバージョンを使用しているユーザーは、最新の機能や修正が使用できないため、使用しているバージョンに原因があるか確認することで、問題を解決できます。

チームの概要 - ボット アクティビティ レポートとチームの概要 - ユーザー アクティビティ レポート

Teams ボット アクティビティ レポートと Teams ユーザー アクティビティ レポートと同様に、これらのレポートは、毎日のデータの代わりに、選択された日付範囲のデータの概要ビューを示します。 このレポートを使用すると、ボットの効率とユーザーがボットを利用する方法や、ユーザーがどのように Webex Teams を導入しているかについてより詳細に確認できます。

True Forward Active User Report および True Forward Enterprise Agreement Report

これらの 2 つの True Forward レポートには、製品のサブスクリプション情報、およびユーザーに割り当てられたライセンス数が表示されます。 プロビジョニングされたライセンスの数を確認した場合、レポートの消費量を追跡して、サブスクリプションの変内容についてアイディアを得することができます。


 

これらのレポートは、アクティブかつ有効な true forward サブスクリプションを有している顧客のみ利用可能です。

Webex Meetings 使用レポート

このレポートは、選択した日付範囲内のミーティング中に参加者が使用したさまざまな音声タイプの詳細を示します。 このレポートを使用して、組織内で最も使用される音声タイプについての洞察を得ることができます。

標準ライセンスのレポートが利用可能

Control Hub の標準ライセンスを持つ顧客は、次の 3 か月分のデータにアクセスできます。

  • Webex ミーティング使用状況概要レポート

  • Webexctive_ 主催者レポート

  • Webex 非アクティブ ユーザーのレポート

  • True Forward ― Active User Rolling Average レポート

  • True Forward ― Enterprise Agreement レポート

診断

Webex 監視サービス

Control Hub で Cisco Webex モニタリング サービスが使用可能です。 Webex サービスを使用するときに、このサービスを使用して、組織のネットワーク上の基準データを収集することができます。 このデータを利用すると、組織のネットワークまたは Webex データセンターから問題が発生した場合のトラブルシューティングに役立ちます。

詳細については、「Webex モニタリング サービスの設定」および「Webex Monitoring Service データを表示する方法」を参照してください。

[ミュート] インジケータ

自分が話している時間はしばらくありましたが、ミュートにされたことに気づいてはいないのではないでしょうか? 全員が加えたので、ミュート インジケータを追加しました。 このインジケータは、参加者に音声品質の問題がある場合、またはミュート ボタンをクリックするのを忘れた場合に役立ちます。


 

ミュート インジケータは、Webex Meetings デスクトップおよびモバイル アプリ、Webex Teams デスクトップおよびモバイル アプリ、およびクラウドに登録された会議室デバイスの [ミュート] ボタンをクリックした参加者のみに表示されます。 マイクなどの外部ハードウェアで参加者がミュートになっている場合、ミュート インジケーターは表示されません。

ミーティング終了インジケータ

参加者が何かの目的で、または予期しないときにミーティングを終了した際に知らせるインジケータを追加しました。 ミーティングをモニタリングするときに、予期せずミーティングから多くの参加者がドロップしていることに気が付いた場合、この情報を使用して問題をトラブルシューティングすることができます。


 

ミーティング終了インジケータは、Webex Meetings アプリ、Webex Teams アプリ、ビデオ システムからミーティングに参加するために、VoIP を使用している参加者にのみに表示されます。

参加者のメモリ使用率

[参加者] ビューでシステムと Webex アプリのメモリ使用率が表示されます。 この情報を確認すると、ネットワーク接続やメモリ使用率が高いために参加者がミーティング内でトラブルを経験している場合に、それを察知するために役立ちます。

分析

Cisco Webex Desk Pro および Cisco Webex Room パノラマ サポート

Cisco Webex Desk ProCisco Webex Room パノラマの 2 つの新しいデバイスにアナリティクスのパワーをもたらします。 これらの新しいデバイスのデータを使用して、組織全体でどのように使用されているかを確認し、導入を促進することができます。

USB パススルー モード データのサポート

Cisco Webex Room Kit Mini には、USB パススルーと呼ばれるモードがあります。これにより、コンピューターに デバイスの USB ケーブルを接続することで、誰でもそのデバイスでミーティングに参加できるようになります。 あなたの組織でのこのモードの使用頻度について理解を深めるために、USB パススルー モードがいつ使用されているかのデータを表示できるようになりました。

デバイス アナリティクス での アクティブ デバイス の主要なパフォーマンス指標 (KPI)

デバイス分析ページの上部にある オンライン デバイス KPI をアクティブ デバイス KPI に置換しました。 心配しないでください。オンライン デバイス数は、[デバイス] タブで確認することができます。 オンライン デバイス数を表示する代わりに、アクティブ デバイス KPI では、過去 1 週間の傾向を比較して、前日にミーティングで実際に使用されたデバイス数を表示することにより、より的確な洞察を提供します。 この情報を使用して、デバイスの使用頻度を確認し、組織への導入を増やす方法を確認することができます。

Webex ミーティングのトラッキング コード

トラッキング コードは [アナリティクス] Webex ミーティング レポートに含まれています。 トラッキング コードを使うと、組織内の様々なグループによる使用状況を分析することができます。例えば、部門や部署です。 これらのレポート内のこれらのトラッキング コードを追跡し、データを使用して、異なるグループにでコスト計算や社内請求プロセスの導入の洞察を得るのに役立ちます。

Teams ボット アクティビティ レポート

Webex Teams のボットは生産性を向上させ、コストを削減することができますが、実際にそれが行われていることを確認できます。 新しい Teams ボット アクティビティ レポートでは、ボットが参加したスペース数、ボットが送信したメッセージの数、ボットが共有したファイル数など、これらの自動化されたヘルパーのメトリックスを取得することができます。 これらのメトリックスは、ユーザーがどのように効果的であるかを確認するのに役立ちます。

Teams ユーザー アクティビティ レポート

ユーザーが Webex Teams をどのように使用しているかを確認したいですか? そのためには、チーム ユーザー アクティビティ レポートをチェックします。これにより、参加したスペース数、共有したファイル数、作成したスペース数などを確認できます。 これらのメトリックスは、組織全体のユーザー アクティビティ パターンを分析するのに役立ちます。

診断

サードパーティ セッション開始プロトコル (SIP) デバイスのサポート

すべてのデバイスからのデータは同一であるはずです。これは、Diagnostics がサード パーティの SIP デバイスからのデータをサポートしているためです。 ミーティングに参加するためにこれらのデバイスが使用される方法と、毎分ミーティング内で更新されるサービス データの質に関する洞察を得することができます。

クラウド登録済みデバイスの名前でミーティングを検索する

Webex クラウドに登録されているデバイスがありますか? その場合、Diagnostics で、クラウド登録デバイスを名前で検索できるようになりました。 これにより、デバイスの使用頻度と、複数のミーティングで発生する品質データを確認することができます。

分析

Cisco Jabber アナリティクス データ

組織に次のものがある場合、アナリティクス データが Jabber で利用できるようになりました。

  • 完全な Unified Communications を持つオンプレミスの Jabber。

  • インスタント メッセージ専用のオンプレミス Jabber。

  • 電話のみのオンプレミス Jabber。

  • Webex メッセンジャーを持つ Jabber。

また、Jabber データが Control Hub に送信されるように、以下の構成を完了する必要があります。 これらの構成が完了すると、Control Hub の Jabber データの日付が開始されます。 Jabber データはバックフィルを行いません。

組織での Jabber の導入について理解を深めるために、Jabber アナリティクス ページの上部に表示される主要なパフォーマンス指標 (KPI) を次に示します。

  • アクティブ ユーザー。

  • 送信されたメッセージ合計数。

  • コール合計数

  • 画面共有。

これらの各 KPI は、前の期間からの傾向の割合を示します。

アクティブ ユーザー合計数、送信済みメッセージ合計数、コール合計時間(分)、コールを発信したアクティブ ユーザー数などの、日単位、週単位、月単位での傾向を示すチャートがあります。 以下の内訳を確認することもできます。

  • 使用された Jabber クライアント バージョン。

  • オペレーティング システム。

  • 使用されたチャット タイプ。

  • ビデオ コール画面解像度。

  • 発信した音声またはビデオのコール。

  • 組織のネットワーク内外で行われる接続。

このデータにより、Jabber の使用頻度を確認し、レポートを作成することができます。

メッセージとデバイスのカレンダー日付の選択

カレンダー日付セレクターを使用して、メッセージとデバイス分析のために特定の時間枠内のデータを表示できるようになりました。 アクセスしたデータの量は、顧客がどのタイプの顧客であるかによって異なります。 標準顧客である場合、3 か月分のデータにアクセスできます。 Pro Pack 顧客である場合、13 か月分のデータにアクセスできます。


 

[メッセージとデバイス] タブの KPI は固定されており、特定の時間枠を選択するときに変更することはできません。 KPI の下にある他のすべてのチャートは、選択した日付に基づいて更新されます。

デバイス サポート用の Webex エッジ

リリース ID にオンプレミスのデバイスのデータが表示されるようになりました: RoomOS 2019-12-16 285a7f8edd1 以降は、デバイス用 Webex エッジにリンクされています。 デバイス アナリティクスは、コール、ホワイトボード、およびデジタル信号に使用されているデバイスの数の内訳を表示します。

オンプレミスのデバイスを Webex クラウド にリンクする方法の詳細については、デバイス ホワイト ペーパー用の Webex エッジを参照してください。

Webex Meetings 非アクティブ ユーザーのレポート

アナリティクスで Webex Meetings の非アクティブ ユーザー レポートを生成できるようになりました。 このレポートには、特定の期間に Webex Meetings を主催または Webex Meetings に出席していないユーザーの一覧が表示されます。 このレポートを使用して、これらのユーザーが Webex Meetings を使用していない理由と、使用するようにするためにできることを確認するのに役立ちます。

診断

シン クライアントとモバイル デバイスのサポート

シン クライアントまたはモバイル デバイスを使用して Webex ミーティングに参加するユーザー向けに、豊富なトラブルシューティング データを表示できるようになりました。

以下は、シン クライアントとモバイル デバイスで参加するユーザーからのトラブルシューティング データを確認するために必要な最低限の Webex Meetings バージョンです。 デバイスがこれらの要件を満たしていない場合、パケット損失と遅延データのみが利用できます。

デバイス

Webex Meetings のバージョン

モバイル端末:

39.11

シン クライアント

40.1