クラスルームのセットアップには、さまざまなシナリオに対応する次の定義済みの会議室モードがあります。

  • ローカル プレゼンター モード:

    • プレゼンターが会議室にいます。 また、ローカルの出席者が質問 (Q&A) をした場合にも、このモードになります 。

    • 自動切り替えが有効 (デフォルト) の場合、プレゼンター カメラが会議室内にプレゼンターを検出すると、会議室のデバイスはこのモードに切り替わります。

    • プレゼンター カメラから遠端に向けビデオを送信します。 Q&A の場合: プレゼンター カメラと、質問している ユーザー (出席者のカメラ) から分割画面のビデオを遠端に送信します。

  • リモート プレゼンター モード:

    • プレゼンターがコールインしています。

    • 自動切り替えが有効 (デフォルト) の場合、プレゼンター カメラが会議室内にプレゼンターを検出しないと、会議室のデバイスはこのモードに切り替わります。

    • 出席者カメラから遠端に向けビデオを送信します。

  • ディスカッション モード:

    • 会議室でのローカル プレゼンターとの異なるサイト間のディスカッション。

    • このモードを有効にするには、常に Touch 10 コントローラーを使用してください。

    • 出席者カメラから遠端に向けビデオを送信します。

クラスルームのセットアップは、会議室タイプ テンプレートとして利用できます。 テンプレートを使用して会議室をセットアップすると、一連の設定が自動的に会議室のデバイスにプッシュされます。 部屋が正しくセットアップされていること、およびカメラが指定どおりに接続されていることが重要です。 そうでないと、設定と会議室が一致しません。

クラスルームとブリーフィング会議室のセットアップ

クラスルームのセットアップは、ブリーフィング会議室のセットアップよりも画面の数やレイアウトが画面上でどのように分配されるかという点で、より柔軟性があります。 また、より多くの製品が クラスルーム をサポートしています。

クラスルーム

  • サポートされている製品: Codec Plus、Codec Pro, SX80、Room 55 Dual、Room 70、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • 会議室デバイスでサポートされている任意の数の画面を使用できます。通常は2つまたは3つです。 デフォルトの動作が要件を満たさない場合は、ビデオモニタ設定を使用して画面上のレイアウトの分布を設定します。

ブリーフィング ルーム

  • サポートされている製品: Codec Pro、SX80、Room 70 G2、MX700、MX800、MX800 Dual

  • セットアップには 3 つの画面が必要であり、画面上のレイアウトは事前に構成(および固定)されており、特定のシナリオに適合するように構成されています。

必要な機器

次のいずれかの会議室デバイス

  • コーデック:

    • Codec Plus、Codec Pro、SX80

  • 統合型デバイス:

    • Room 55 Dual

    • Room 70 Single、Room 70 Dual

    • Room 70 Single G2、Room 70 Dual G2

    • MX700、MX800、MX800 Dual

画面

  • 1 つ以上の画面を使用できます (画面の最大数は、会議室デバイスのタイプにより異なります)。

  • ほとんどの設定で、2 つ以上の画面を使用することをお勧めします。 メイン画面を会議室の前面に配置します。 2 番目の画面を横または後ろに配置して、ローカル プレゼンターがリモートの出席者に見えるようにします。

2 つのカメラ

  • 出席者のカメラ: これを持つデバイスには統合型カメラを使用します。 他のデバイスについては、Cisco Quad Camera または Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラを推奨しています。 スピーカー トラッキングのあるカメラを推奨していますが、スピーカー トラッキング機能なしでカメラを使用することも可能です。

  • プレゼンター カメラ: プレゼンター トラッキングを有効にした Cisco TelePresence Precision 60 Camera

マイク

  • 会議室を十分にカバーするために、Cisco TelePresence Ceiling Microphone をお勧めします。 また、その他のマイクソリューションも使用できます。

スピーカー

  • これを持つデバイスには統合スピーカーを使用します。 他のデバイスの場合は、会議室正面のメイン画面の隣に高品質のステレオ スピーカーを設置することをお勧めします。

Cisco Touch 10 コントローラー

クラスルーム セットアップの制限

クラスルームの使用時にサポートされていない機能:

  • 指示音声

  • ホワイトボードにスナップする

クラスルーム セットアップ

図に示すように、カメラを会議室デバイスに接続します。 図に従って、デバイスに自動的にプッシュされる設定が、実際の設定と一致することを確認します。

Codec Plus: ケーブルを接続する

Codec Plus のケーブルの接続

Codec Pro: ケーブルを接続する

Codec Pro のケーブルの接続

出席者のカメラ が Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラの場合、2 つの HDMI 入力が使用されます。

SpeakerTrack 60 カメラで Codec Pro のケーブルを接続する

SX80: ケーブルを接続する

SX80 のケーブルの接続

このセットアップには、会議室デバイスへのイーサネット接続が必要な周辺機器が 2 つ以上あるため、イーサネット スイッチが必要です。 LAN 接続用に予約されているネットワーク ポート 1 にスイッチを接続してはいけません。 イーサネットスイッチが Power over Ethernet (PoE) を提供しない場合、Touch 10 用のミッドスパン PoE インジェクタが必要です。

出席者のカメラ が Cisco TelePresence SpeakerTrack 60 カメラの場合、2 つの HDMI 入力が使用されます。

SpeakerTrack 60 カメラで SX80 のケーブルを接続する

Room 55 Dual、Room 70 Single、および Room 70 Dual: ケーブルを接続する

Room 55 Dual、Room 70 Single、および Room 70 Dual のケーブルを接続する

内蔵カメラと画面用のケーブルを含め、すべての接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。 しなければならないのは、外部画面とカメラに接続することだけです。

Room 70 Single:

  • HDMI 出力 1 は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面は、HDMI 出力 2 に接続される場合があります。

  • HDMI 入力の対象となる出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

Room 55 Dual、Room 70 Dual:

  • HDMI 出力 1 および 2 は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面はサポートされていません。

  • HDMI 入力の対象となる出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

Room 70 Single G2 および Room 70 Dual G2: ケーブルを接続する

Room 70 Single G2 および Room 70 Dual G2 のケーブルを接続する

内蔵カメラと画面用のケーブルを含め、すべての接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。 しなければならないのは、外部画面とカメラに接続することだけです。

Room 70 Single G2:

  • HDMI 出力 1 は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面は、HDMI 出力 2 および 3 に接続される場合があります。

  • HDMI 入力の対象となる出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

Room 70 Dual G2:

  • HDMI 出力 1 および 2 は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面は、HDMI 出力 3 に接続される場合があります。

  • HDMI 入力の対象となる出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

MX700、MX800、および MX800 デュアル: ケーブルを接続する

デュアル カメラで MX700、MX800、および MX800 のケーブルを接続する

内蔵カメラと画面用のケーブルを含め、すべての接続済みケーブルを工場出荷時の状態で保管してください。 しなければならないのは、外部画面とカメラに接続することだけです。

MX800:

  • 出力 1 (HDMI) は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面は、出力 2 (HDMI) および出力 3 (DVI) に接続される場合があります。

  • HDMI 入力 1 と 2 の出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

MX700 および MX800 Dual:

  • 出力 1 (HDMI) および出力 2 は、会議室デバイスの統合画面用です。 外部画面は、 出力 3 (DVI) に接続される場合があります。

  • HDMI 入力 1 と 2 の出席者のカメラは、 会議室デバイスの統合型カメラです。

会議室デバイスにカメラが 1 つしかない場合、統合型カメラ (出席者のカメラ) は、HDMI 入力を 1 つだけ使用します。

単一カメラで、MX700、MX800 のケーブルを接続する

会議室の配置の例

これらの図は、ベスト エクスペリエンスのための、画面、カメラ、マイクロフォンの配置方法、および人を配置する場所の例を示しています。

クラスルーム レイアウト スタイル

クラスルーム レイアウト スタイル

会議室デバイスを設定する

クラスルームをセットアップする際には、同じ会議室にいることをお勧めします。 そうしないと、PresenterTrack を適切に設定することができません。

  1. プレゼンター カメラからのビデオの共有を停止するには、タッチ コントローラー を使用します。 クラスルームのセットアップ中は、プレゼンター カメラからのビデオがどの画面にも表示されないことが重要です。
  2. https:/ / admin.webex.com のカスタマービューから、[デバイス] ページに移動し、リストからデバイスを選択します。 [サポート] に 移動し 、[Web ポータル] をクリックします
  3. [詳細設定] ページで、[システム構成の設定 > 移動します。 [ビデオの接続 > 入力 コネクタ n > セクションに進み、次の設定を行います ( n はプレゼンター カメラが接続されているコネクタの番号です)。
  4. Presenter Tracking の セットアップ> 移動し、[構成 ...] をクリックします。 次に、Web ページの指示に従って、プレゼンター カメラの PresenterTrack 機能を設定します。 この機能では、プレゼンターがステージ上で動いていても、カメラがプレゼンターをフォローできます。
  5. [システム設定 の設定 > 移動します。 [カメラ] > PresenterTrack > PresenterDetectedStatus ] に進み、ローカル プレゼンターとリモート プレゼンター モード間の自動切り替えを有効または無効にするかどうかを選択します。 この設定に関係なく、ディスカッション モードでは会議室モードは自動的には変更されません。
  6. デフォルトの画面とレイアウトの動作が設定に合わない場合は、次の設定を使用して画面とレイアウトを設定する必要があります。
  7. [新しい [> の設定] に移動し 、[クラスルーム] サムネイルをクリックして、対応する構成を Room デバイスにプッシュします。
1

プレゼンター カメラからのビデオの共有を停止するには、タッチ コントローラー を使用します。 クラスルームのセットアップ中は、プレゼンター カメラからのビデオがどの画面にも表示されないことが重要です。

2

https:/ / admin.webex.com のカスタマービューから、[デバイス] ページに移動し、リストからデバイスを選択します。 [サポート] に 移動し 、[Web ポータル] をクリックします

デバイスに管理者ユーザーを設定した場合は、詳細設定に直接アクセスできます。 ウェブブラウザを開き、http(s)://<endpoint ip="" or="" hostname=""> を入力するだけです。

3

[詳細設定] ページで、[システム構成の設定 > 移動します。 [ビデオの接続 > 入力 コネクタ n > セクションに進み、次の設定を行います ( n はプレゼンター カメラが接続されているコネクタの番号です)。

  • InputSourceType: カメラ

  • PresentationSelection: 手動

  • 品質: モーション

  • ビジビリティ: ●

  • CameraControlMode: オン

[保存] をクリックし、変更を有効にします。

4

Presenter Tracking の セットアップ> 移動し、[構成 ...] をクリックします。 次に、Web ページの指示に従って、プレゼンター カメラの PresenterTrack 機能を設定します。 この機能では、プレゼンターがステージ上で動いていても、カメラがプレゼンターをフォローできます。

5

[システム設定 の設定 > 移動します。 [カメラ] > PresenterTrack > PresenterDetectedStatus ] に進み、ローカル プレゼンターとリモート プレゼンター モード間の自動切り替えを有効または無効にするかどうかを選択します。 この設定に関係なく、ディスカッション モードでは会議室モードは自動的には変更されません。

[保存] をクリックし、変更を有効にします。

6

デフォルトの画面とレイアウトの動作が設定に合わない場合は、次の設定を使用して画面とレイアウトを設定する必要があります。

  • ビデオ > モニタ: ルーム設定で異なるレイアウトの数を定義します。

  • ビデオ > 出力 > コネクタ n > MonitorRole: 各画面に表示されるレイアウトを定義します。 異なるモニターの役割を持つ画面には異なるレイアウトがあります。

7

[新しい [> の設定] に移動し 、[クラスルーム] サムネイルをクリックして、対応する構成を Room デバイスにプッシュします。

会議室モード間を切り替える

会議室モード (ローカル プレゼンターリモート プレゼンターディスカッション) の切り替えは、2 つの方法で行うことができます。

  • 手動で Touch 10 コントローラーのボタンを使用します。

  • 誰が話しているか、そしてローカル プレゼンターがステージにいるかどうかに基づき、自動的に決まります。 自動切り替えは、ローカル プレゼンターリモート プレゼンター モードの間でのみ行われます。 現在のモードがディスカッションの場合、会議室モードは自動的には変わりません。

    自動切り替えは、PresenterTrack 機能が有効になっている (Cameras PresenterTrack Enabled が True に設定されている) 場合にのみサポートされます。

自動切り替えは次のことを意味します。

  • PresenterTrack トリガー ゾーンで人が検出されると、デバイスはローカル プレゼンター モードに切り替わります。

  • 追跡されているローカル プレゼンターがステージを離れると、デバイスはリモート プレゼンター モードに切り替わります。

  • デバイスがローカル プレゼンター モードのときに、ローカル出席者の誰かが質問をすると、デバイスはプレゼンターと質問者の両方を示す分割画面のビデオを送信します。 この動作には、出席者のカメラとして SpeakerTrack 60 または Quad Camera が必要で、そのスピーカー トラッキングはオンになっています。