Microsoft 365 版の Webex スケジューラ

Microsoft Outlook 版の Webex スケジューラには、以下の既知の問題と制限があります。

  • Webex スケジューラの最小システム要件は次のとおりです。

    • Microsoft Office 365 for Windows バージョン 1808-半年チャネル

    • Microsoft Office 365 for Windows バージョン 1806 (16.0.10228.20134) 現在のチャネル

    • Microsoft Office 365 for Mac バージョン 16.22

    • Microsoft Office 2021 for Windows バージョン 16.55 (16.0.14326.21018)

    • Microsoft Office 2021 for Mac バージョン 16.55 (2111140)

    • Microsoft Office 2019 for Windows バージョン 2002 (16.0.12527.20460)

    • Microsoft Office 2019 for Mac バージョン 16.17 (20101901)

    • Microsoft Office 2016 for Windows バージョン 2002 (16.0.12527.21230)

    • Microsoft Office 2016 for Mac 最新版はサポートされていません

  • Webex スケジューラでスケジュールされた Webex ミーティングについては、Webex Hybrid カレンダー サービス が有効で、設定されている場合にのみ、Webex ビデオ デバイス上の [参加] ボタンが表示されます (ビデオ デバイスが OBTPでミーティングに参加しやすくする)。

  • Webex 音声を使った Webex パーソナル会議のミーティングと、電話会議サービス プロバイダー (TSP) 音声を使った音声のみのミーティングはサポートされていますが、TSP 音声を使った音声のみのミーティングは Webex スケジューラではサポートされていません。

  • 定期的なミーティングのオカレンスを削除する場合、パフォーマンスの制限のために、2 年後の最新の 10 回のオカレンスのみを削除できます。

  • 定期ミーティングの 1 回のオカレンスを例外ミーティングに更新するとき、パフォーマンスの制限のために、2 年以内のオカレンスのみを正常に更新できます。

  • Webex スケジューラを使用してミーティングをスケジュールし、ミーティングの進行中に対応する Outlook イベントを変更した場合、変更内容は Webex サイトに同期されません。

  • [Webex ミーティングの追加] ボタンは、決して変更されません。ボタンのラベルは標準的な Webex ミーティング、Webex パーソナル会議室のミーティング、またはすでに追加している Webex のミーティングのいずれを追加する場合でも同じです。

  • Outlook で以前にスケジュールされた繰り返しミーティング シリーズの 1 回のミーティングに Webex ミーティングを追加する機能はサポートされていません。

  • Webex ミーティング オプションに変更を加えた場合、[更新] を選択 してこれらの変更を適用する必要があります。

  • Webex スケジューラを使用して、以前 生産性向上ツール (下位互換性) を使ってスケジュールしたミーティングを編集するには、次の最小システム要件を満たします:

    • Microsoft Outlook 365 for Windows 現在のチャネル バージョン 1910 (ビルド 12130 20382)。

    • Microsoft Outlook 365 半期バージョン 2002 (ビルド 16.0.12527.21230)

    • Microsoft Outlook for Windows 2016 バージョン 2002 (ビルド 16.0.12527.21230)

    • Microsoft Outlook for Windows 2019 バージョン 2002 (ビルド 16.0.12527.20460)

    • Microsoft Outlook 365 for Mac 16.38

    • Microsoft Outlook for Mac 2019 16.42

    • 生産性向上ツール と Webex スケジューラの間の相互運用には Windows または Mac 生産性向上ツール バージョン 40.11 以上が必要です

  • Webex スケジューラがこれらの URL にアクセスするために、ネットワークを設定する必要がある場合があります。
    • *.webex.com
    • cdnjs.cloudflare.com: 何も見えない、何も言う必要があります。
    • cdn.jsdelivr.net- UUID lib 用
    • static2.sharepointonline.com - OfficeUI ファブリック CSS スタイル用
    • appsforoffice.microsoft.com - OfficeJS lib 用
  • 一連のミーティングに対する Webex 設定の変更は、同じシリーズのミーティングの例外に伝播しません。例えば、一連の Webex ミーティングを取り消す場合、Webex ミーティングのリンクが無効な場合でも、例外ミーティングでは Outlook で Webex ミーティング情報が表示されたままとなります。

  • 追加されたミーティングまたはイベントから Webex ミーティングを削除すると、Outlook に空白のエントリが表示されます。カレンダーからミーティングまたはイベントを削除するには、このエントリを削除する必要があります。

  • イベントの [Webex Meetings を追加] を選択すると、送信する前でもイベントがカレンダーと招待者のカレンダーに自動的に追加されます。招待状を送信せずにイベントを削除すると、イベントはカレンダーから削除されます。

  • 参加者の登録を必要とするミーティングをスケジュールする場合、ミーティング招待状にはミーティング参加リンクだけが表示されます。招待された参加者は Webex サイトに移動してミーティングに登録する必要があります。

  • Mac Outlook で、ミーティング招待状は Microsoft Outlook Office.することができる制限のために、リストの正しい書式設定が表示されない場合があります。

  • 一連のスケジュール済み Webex ミーティングに参加すると、既定でロビーに配置されます。

  • Webex スケジューラはダイナミック配信グループをサポートしています。

  • Webex スケジューラは、ミーティングの詳細を HTML 形式で Outlook メッセージに追加します。Outlook のメッセージにリッチテキスト形式 (RTF) が使用されている場合、ミーティング招待の詳細が RTF に変換するとミーティング招待が適切に表示されない場合があります。Outlook メッセージの HTML を使用して、正しい書式設定を確認します。

Microsoft 365 認証なしの Webex スケジューラ

Microsoft 365 認証なしの Webex スケジューラには、次の既知の問題と制限があります。


 

これらの制限は、すべてのオンプレミス Microsoft Exchange ユーザーおよび Microsoft 365 認証なしで Webex スケジューラを有効にしている組織に適用されます。

  • Webex スケジューラの最小システム要件:

    • Windows 2013 用の Microsoft Outlook(ビルド 15.0.5327.1000)—招待者を含めなかった場合、スケジュールは機能しません。

    • Windows 2016 用の Microsoft Outlook(ビルド 16.0.5134.1000)—招待者を含めなかった場合、スケジュールは機能しません。

    • Microsoft Outlook for Windows 2019 (ビルド 16.0.12527.20460)

    • Microsoft Outlook for Mac 2019 16.17 (ビルド 180909)

  • Webex スケジューラがこれらの URL にアクセスするために、ネットワークを設定する必要がある場合があります。
    • *.webex.com
    • cdnjs.cloudflare.com: 何も見えない、何も言う必要があります。
    • cdn.jsdelivr.net- UUID lib 用
    • static2.sharepointonline.com - OfficeUI ファブリック CSS スタイル用
    • appsforoffice.microsoft.com - OfficeJS lib 用
  • Windows の Outlook で共有カレンダーを使用して、他の主催者のためにミーティングをスケジュールできない場合があります。Microsoft のオンプレミス Exchange の制限により、オプションはグレーアウトされて表示されます。 Webex スケジューラを使用して、他の主催者のためにミーティングをスケジュールすることができます。他の主催者のためにミーティングをスケジュールすると、ミーティングの招待が、スケジュールした主催者ではなく、自分から送られているように見えます。

  • Mac Outlook で、ミーティング招待状は Microsoft Outlook Office.することができる制限のために、リストの正しい書式設定が表示されない場合があります。

  • Webex スケジューラはダイナミック配信グループをサポートしています

  • Microsoft Exchange の制限により、Webex スケジューラは Outlook ウェブ アプリまたは Microsoft Exchange 2013 用の Outlook モバイル アプリでは機能しません。
  • Webex スケジューラは、ミーティングの詳細を HTML 形式で Outlook メッセージに追加します。Outlook のメッセージにリッチテキスト形式 (RTF) が使用されている場合、ミーティング招待の詳細が RTF に変換するとミーティング招待が適切に表示されない場合があります。Outlook メッセージの HTML を使用して、正しい書式設定を確認します。


 

以下の制限は、Microsoft Exchange 用のハイブリッド カレンダーを展開 していない組織にのみ適用されます

  • シリーズのミーティングは、Webex カレンダーでは単一のミーティングとしてのみ表示されます。

  • Webex カレンダーにエントリが表示された後で、ミーティングの出席者が一連のミーティングに参加すると、ミーティングのロビーに入ります。

  • シリーズ中のミーティングを取り消す場合、シリーズ中のすべてのミーティングが取り消されます。Webex カレンダーでのシリーズの外観も消えます。

  • ミーティングが定期ミーティングの 1 つである場合、出席者は主催者より前にミーティングに参加できません。

  • パーソナル会議室のミーティングをスケジュールする場合、ミーティングは Webex サイトまたは Webex アプリに表示されません。

  • Outlook 用の Webex スケジューラ アドインを使用して、生産性向上ツール を使用してスケジュールしたミーティングを編集できますが、生産性向上ツール を使用して、Webex スケジューラ アドインを使用してスケジュールしたミーティングを編集することはできません。