MPP 電話 LED パターンおよび通話履歴の更新

この表では LED パターンの変更内容と LED LED 表示の通話履歴。

サービスプラットフォーム: Webex Calling
市場: NAMER, カナダ, EU/EUN, AU, 日本
メンテナンスウィンドウ:

2022 年 9 月 5 日

カナダ - CA CDT: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

NAMER - 米国 Et: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

EU - GMT: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

EUN - GMT: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

日本 - 日本: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

アジアパシフィック - 一番古い: 2022 年 5 月 5 日 ~ 9:00:00 p.m.

情報:

通話履歴更新からの電話 LED 回線キー パターンとダイヤル

影響モデル:

IP Phone

MPP 68xx シリーズ 6821、6841、6851、6861

MPP 78xx シリーズ 7811、7821、7841、7861

MPP 88xx シリーズ 8811、8841、8845、8851、8861、8865

変更される情報:

企業の電話で使用される LED パターンに合わせて、電話 LED 回線キー パターンがデフォルトで設定されます。

この変更は、デバイス設定機能を使用していない新しい組織または既存の組織 にのみ影響 します。 デバイス設定を使用し、 しい LED パターンを使用したい組織は、[デバイス設定] で LED パターンをプリセット 1 に 設定する必要があります

この更新はまた、発信された番号が接続された ID 番号ではなく、通話履歴に表示される電話の構成も更新します。

変更の詳細:

LED アップデートの詳細な変更については、こちらを参照 してください。 24~ 31 のプリセット 1 パターンと色の列では、この更新の変更を定義します。 テーブル 24– 31 の [デフォルトのパターン] および [色] 列は、現在の設定を定義します。

通話履歴の更新では、通話が別のユーザーに転送される際、電話は現在ダイヤルされた番号を接続 ID 番号に置き換えました。 これにより、元々連絡を取り戻したユーザーがリスト通話履歴。 このアップデートでは、ダイヤルされたユーザーの番号を常に電話情報に保存通話履歴。

エンドユーザーの影響:

デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

MPP 電話で Webex ディレクトリおよび統合通話履歴を有効にする

この表では Webex ディレクトリおよび統合通話履歴の有効化に関する MPP 電話の更新の変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex Calling
市場: NAMER, カナダ, EU/EUN, AU, 日本
メンテナンスウィンドウ: カナダ - CA CDT: 12/9/22 09:00:00 PM EMEA - GMT: 12/9/22 8:00:00 PMEUN - GMT: 12/9/22 09:00:00 PM

NAMER - 米国 ET: 12/9/22 09:00:00 PM

日本 - 日本: 2012 年 9 月 22 日 9:00:00 PM (NON-AU)

アジアパシフィック - 一番古い: 12/9/22 09:00:00 PM

情報:

電話は Webex ディレクトリおよび統合通話履歴を使用します

影響モデル:

IP Phone

MPP 68xx シリーズ 6821、6841、6851、6861、

MPP 78xx シリーズ 7811、7821、7841、7861

MPP 88xx シリーズ 8811、8841、8845、8851、8861、8865

変更される情報:

電話がディレクトリと Webex プラットフォームで提供される統合通話履歴サービスを使用するために、MPP 構成が更新されます。

変更の詳細:

Webex ディレクトリサービスは、電話から連絡先を検索するデフォルトのソースになります。 このディレクトリにはすべての Webex ユーザーが含まれます。 Webex Unified Call History が、ユーザーの通話履歴を表示するデフォルトのソース通話履歴。 この通話履歴、Webex ビデオ デバイスまたは Webex アプリから行った通話が含まれる場合があります。


 

このアップデートでは、電話が Webex Aware である必要があります。

Webex Aware ではないデバイスには、ディレクトリもアクセス可能な通話履歴はありません。 管理者はファイアウォールが開いていることを確認 し、ユーザー アカウントが Webex Aware オンボードの告知に定義された指示に従って確認される必要があります。

管理者は、これらの強化されたディレクトリと既存の設定通話履歴前の設定に戻します。 このアクションは、Control Hub のデバイス設定機能を通じて実行できます。 変更する設定は次のとおりです。

変更される設定は次のとおりです。

  • 連絡先 -> XSI ディレクトリ

  • 通話履歴 - >通話履歴

エンドユーザーの影響: デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

MPP 電話メニューのユーザー体験の更新

この表は、ユーザーメニューオプションの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex Calling
市場: NAMER, カナダ, EU/EUN, AU, 日本
メンテナンスウィンドウ:

2022 年 4 月 19 日 ~ 20 日

カナダ - CA CDT: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

NAMER - 米国 ET: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

EMEA - GMT: 2022 年 4 月 19 日 ~ 8:00:00 PM

日本 - 日本: 20/4/2022 - 9:00:00 PM

アジアパシフィック - 一番古い: 20/4/2022 - 9:00:00 PM

情報: 電話ユーザー メニューの更新
影響モデル:

IP Phone

MPP 68xx シリーズ 6821、6841、6851、6861、

MPP 78xx シリーズ 7811、7821、7841、7861

MPP 88xx シリーズ 8811、8841、8845、8851、8861、8865

変更される情報: コントロール ハブのデバイス設定機能により構成された電話パラメータを設定するユーザーの機能を削除するために、MPP の電話ユーザー インターフェイス メニューが更新されました
変更の詳細:

ユーザー設定メニュー/通話基本設定サブメニュー

  1. ボイスメール番号 – このパラメータは読み込み専用です。

  2. 通話待機 – ユーザーは待機中の通話を有効/無効にできます。

  3. セキュアコール – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. 自動応答ページ – このパラメータがメニューから削除されます。

  5. ダイヤル アシスタンス – このパラメータがメニューから削除されます。

ユーザー設定メニュー/画面基本設定サブメニュー

  1. スクリーンセーバー – このパラメータはユーザーメニューから削除されます。

  2. スクリーンセーバーの設定 – このメニューへのユーザーアクセスが削除されます。

  3. 設定タイマー – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. 壁紙 – このパラメータがメニューから削除されます。

ユーザー設定メニュー/アテンダント コンソール 基本設定 サブメニュー

  1. 表示モード – このパラメータは読み込み専用です。

  2. BLF リスト – このパラメータが削除されます。

ネットワーク設定メニュー/イーサネット設定サブメニュー

  1. 802.1x - このメニューとコンテンツは読み取り専用です。

  2. CDP – このパラメータがメニューから削除されます。

  3. LLDP-MED – このパラメータはメニューから削除されます。

  4. VLAN – このパラメータがメニューから削除されます。

  5. VLAN-ID – このパラメータがメニューから削除されます。

  6. PC ポート VLAN ID – このパラメータはメニューから削除されます。

ネットワーク設定メニュー/WiFi 設定サブメニュー

  1. WiFi Enable – このパラメータは読み取り専用です。

  2. WiFi プロファイル – このメニューは読み取り専用です。

  3. WiFi ステータス – このメニュー データは読み取り専用です。

ネットワーク設定メニュー/Web サーバーサブメニュー

Web Server – このパラメータは読み取り専用です

デバイス管理/日付/時間サブメニュー

このサブメニューが削除されます

「最近」ソフトキーが 2 に追加され、連絡先ソフトキーの後にソフトキーページが追加されます

エンドユーザーの影響: デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

Cisco ATA デバイスファームウェアのアップデート

このテーブルは、Cisco ATA 11.2.2SR1 ファームウェア アップグレードの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex Calling通信事業者、SP、VAR
市場: 米国、カナダ、EMEA、アジアパシフィック、日本
メンテナンスウィンドウ:

カナダ - CA CDT: 6/6/2022 - 9:00:00 p.m.

NAMER - 米国 ET: 6/6/2022 - 9:00:00 p.m.

EMEA - GMT: 2022 年 7 月 7 日 - 9:00:00 p.m.

日本 - 日本: 2022 年 8 月 8 日 ~ 9:00:00 p.m.

アジアパシフィック - 一番古い: 2022 年 8 月 8 日 ~ 9:00:00 p.m.

情報:

Webex Calling CPE エンジニアリング チームは、デバイスのダウンロードに対して新しい Cisco ATA 191/192 ファームウェアを設計します。

影響モデル:

Cisco ATA 191 / 192 ATA とマルチプラットフォーム ファームウェア

変更される情報:

Cisco ATA 191 / 192 とマルチプラットフォーム ファームウェア – アップグレード

新機能:

11.2.1 からファームウェア アップグレード --> 11.2.2SR1

  1. リモートPRT生成の機能が追加されました

  2. SIP msg 経由で通話統計を送信する機能を追加しました

  3. イーサネットブリッジポートモード VLAN の修正

  4. サポート DNS 名前権限ポインタ (NAPTR)

  5. DNS クエリーの最大 6 つの NAPTR レコードと 12 SRV記録のサポートを増やします

エンドユーザー要件

Webex Calling - エンド ユーザーは、設定変更を適用するために、Cisco ATA 191 / 192 ATA を再同期するか、手動で再起動する必要があります。

Webex Calling SP、VAR - Cisco ATA 191 / 192 ATA は、スケジュールされた夜に同期した後で更新されます。

リリース ノート Cisco ATA 191/192 マルチプラットフォーム アナログ電話アダプタ - ATA 190 シリーズ アナログ電話 Adapater

Cisco MPP ファームウェア アップグレード - リリース 11.3.7

この表はファームウェア アップグレードの変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex 通信キャリアおよびWebex Calling VAR / SP
市場:

NAMER、カナダ、EMEA、アジアパシフィック、日本

メンテナンスウィンドウ:

11.3.7 ファームウェア アップグレード

カナダ - CA CDT: 7/7/22 09:00:00 PM

EMEA - GMT: 7/7/22 19:00:00 PM

EUN - GMT: 7/7/22 08:00:00 PM

NAMER - 米国 ET: 7/7/22 08:00:00 PM

日本 - 日本: 7/7/22 09:00:00 PM

アジアパシフィック - 一番古い: 7/7/22 08:00:00 PM

情報:

Cisco MPP ファームウェアを 11.3.7 にアップグレード

影響モデル:

Cisco MPP 6800、7800、および 8800 シリーズ

変更される情報:

MPP ファームウェア アップグレード 11.3.6 → 11.3.7

アップグレードの詳細:

HTTP プロキシのサポートを追加する (WxC および WxC キャリア)

ユーザー パスワードが設定された場合、通話ステータスで通話レコードを保護する (WxC と WxC キャリア)

デバイス上での一目で確認できる一覧 - モバイル デバイスプロバイダー PSTN対応している場合にのみ利用できます (WxC および WxC キャリア)

CUBE 17.x と互換性のある MPP enable ICE (WxC のみ)

既存のユーザーメニューオプションを「管理パスワードなしで MPP をファクトリー リセット」に有効にする (WxC のみ)

エンドユーザー要件:

WxC VAR/SP – デバイスは夜の再同期ウィンドウの間に自動的にアップデートされます。

WxC キャリア - デバイスはメンテナンス アクティビティの日付後に再起動する必要があります。

ドキュメント

MPP リリースノート

6800 リリースノート

7800 リリースノート

8800 リリースノート

MPP Webex Aware オンボーディングの通知

この表は、MPP Webex オンボーディングアップデートの変更内容を示しています。

サービスプラットフォーム: Webex Calling
市場: すべてのWebex Calling地域
通知日: 2022 年 8 月 1 日
情報: Webex プラットフォームに接続する MPP デバイスの問題
製品ファミリー:

Cisco MPP 6800/7800/8800 シリーズ

詳細:

2022 年 4 月に、Webex Calling 登録済み MPP デバイスをオンボードし、Webex プラットフォームに接続するためのプラットフォーム強化を行い、いくつかのサービス可能性要求を有効にしました (再起動とレポートの問題)。 この Webex オンボーディング機能は、これらの MPP デバイスに追加の Webex 機能を提供する最初のステップです。 これらの Webex 機能には、Webex Unified Call 履歴、Webex ディレクトリ検索、Webex Meetingsボタンを含む新機能が含まれます。

機能の展開の一部として、Webex プラットフォームにオンボードされていないデバイスの多くを気にしました。 次のいずれかの問題が発生すると、これらのデバイスはオンボーディングされません。

  1. Webex プラットフォームと通信するために MPP デバイスによって使用される必要なドメインは、エンドユーザーのファイアウォールによりブロックされます。

  2. エンドユーザーが Webex ユーザー アカウントをアクティベートしていない。 Webex プラットフォームは、Webex ユーザーに入力したメールアドレスにアクティベーション メールを送信します。

MPP デバイスの機能を強化するために、顧客に対し、これらのエラーが組織内で解決される確認を求める必要があります。

問題 1

必須ドメインについては、「Webex Calling ポート リファレンス ガイド」に示されている通り、「Webex Calling Webex Calling サービスの IP サブネット」に記載されています

問題 2

管理者は、Control Hub 概要ページのオンボーディング セクションで組織内で検証されていないユーザーの数を確認できます。 .

確認されていない 場合にユーザーにアクティベーション メールを再送信する方法についての説明は、Control Hub のアクティベーション メールを一括送信するの記事を参照してください。 次のメールがユーザーのメールアカウントに送信されます:

ユーザーが Webex ユーザー アカウントをアクティブ化するために、メール内の [アクティベート] ボタンを選択して、処理を完了確認します。

Cisco VG400 最小ファームウェア アップデート

この表は Cisco VG400 ファームウェア リリース 17.6.3a の変更をリストします。

サービスプラットフォーム: Webex 通信キャリアおよびWebex Calling VAR / SP
市場: 米国、カナダ、EMEA、アジアパシフィック、日本

メンテナンスウィンドウ:

17.6.1 ファームウェア アップグレードが利用可能

カナダ - CA CDT: 6/8/22 09:00:00 p.m.

EMEA - GMT: 6/8/22 7:00:00 p.m.

EUN - GMT: 6/8/22 8:00:00 p.m.

NAMER - 米国 ET: 6/8/22 8:00:00 p.m.

日本 - 日本: 6/8/22 09:00:00 p.m.

アジアパシフィック - 一番古い: 6/8/22 8:00:00 p.m.

情報:

Cisco VG400 17.6.3a ファームウェアが 2022 年 8 月 7 日に利用可能になります。 お客様はできるだけ早く 17.6.3a ファームウェアにアップグレードする必要があります。

影響モデル: 新しいデバイス向け Cisco VG400 ATA Webex Calling
変更される情報: Cisco VG400 ATA アップグレード 17.5.1 → 17.6.3a。 17.6.3a は VG400 の新しい最小ファームウェアになります。

アップグレードの詳細:

次に示す手順に従います。Control Hub で Cisco Voice Gateway-VG400 ATA を構成します

エンドユーザー要件:

WxC VAR/SP – 顧客はできるだけ早く VAR400 デバイスを手動でアップグレードする必要があります。

WxC キャリア - 顧客はできるだけ早く VG400 デバイスを手動でアップグレードする必要があります。

の Cisco ソフトウェア ダウンロード サイトから、された になれますか?ファームウェア 400-universalk9.17.06.03a.SPA.bin https://software.cisco.com/download/home ダウンロードしてください。

ドキュメント

VG4x0 リリースノート